三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


インスピレーションと言えば聞こえがいいが

11/17(木)
計画性がない、というか、先見の明がない、というか、思慮にかけることが時としてある。




スポンサーリンク



自炊欲がまったくもって減退している。
とは言え、節約はしたい。
そんわけで、私のこの3日間のお弁当は、白米に梅しらすをかけたもの、であった。
無洗米を炊いて、そして、上から市販のそれをふりかけだだけのお昼ご飯である。
しかし、その反動で、いや、暴動と言った方が語弊がないだろうか。
午前中、デスクに腰かけ、金額やら摘要やらをパソコンに打ち込んでいる私の胃は突然にして、揚げ物欲に駆られることとなった。

時計が12時を告げるとともに、私は腰を上げ、エレベーターへと急いだ。
会社のビルを出れば、すぐにセブンがある。目的地はそこだ。
しかし、そのセブンは、近隣のサラリーマンがどっと押しかけるので、特にお昼時なんかはどうしてもレジ前は長蛇の列が出来上がってしまう。
貴重なお昼休憩を、「食べる」でもなく「休む」でもなく、「並ぶ」という行為に費やすのが口惜しい、ということもあり、私はお弁当を持参している節もあるのだ。
ちなみに、その店舗は一列に並んで、空いたレジを先頭の者が埋めていく、というシステムではなく、3つの列からその1つを自分で選んで並ぶ、まあ、つまりは好きなレジに直接並ぶ方式を取っている。

自動ドアの境界を越えると、そこは前述したイメージと特に差がない状況が作られていた。
私の目的はホットスナックだ。
サラリーマン達が、群がっているお弁当コーナーには目もくれず、私は、インスピレーションで、
(よし!ここだ!)
と一つの列の最後尾についた。


・・・5分待つ。
まだその列の先頭は遠い。



残る2列のレジの回転率が気になりだす。
店員さんの
「次のお客様どうぞ!」
が、自分の並んでいる先からよりも多々耳に入るようは気がしてきた。
いや、被害妄想ではない。
それは事実であった。
列の先頭に近付きかけた際、私がその後呼ばれるであろうレジの様相を見て、漸くそれに気付いたのだ。
そのレジの、向かって右には、冬の人気商品、おでん、があった。
つまり、その列を選んだ客は、会計時におでんを間近で見ながら、
「大根と・・・たまごと・・・」
そんなふうに、選ぶ気満々な方々、というわけだった。
そりゃあ、回転率が良いわけがないじゃないか。
私は落胆したが、今更別の列に並び直すわけにもいかないので、「次のお客様」になるのをじっと待つのみ、であった。


(梅しらす御飯のおかずは、揚げ鶏、唐揚げ棒のコンボ。)



saredosannbyou.hatenadiary.jp



この記事に登場したH氏から、この一もめがまるで夢か幻か、といった軽いノリで、
「明日予定が空いていたらやきとん食べに行きませんか」
と突然LINEがきた。
そして、それは、御無沙汰してすみません、というような書き出しであった。


いや、「すみません」を言うところは、御無沙汰したことではないだろう。
そんな返信がどうしてもぱっと浮かんでしまったが、それをぐっと飲み込んだ。
きっとこれが彼との最後のやりとりになるのだ。
わざわざ己の負の感情を、勢いに任せてぶつけるのも大人げないだろう。
そう思い、時間差で、明日は用事があるのでごめんなさい、そう返信したのだった。


f:id:saredosannbyou:20161117211259j:plain


f:id:saredosannbyou:20161117212125j:plain


f:id:saredosannbyou:20161117212316j:plain


ジムの後の夕飯は、冷酒が飲みたくて一人回転寿司。
回転寿司は一人飲みに適したお摘みサイズだし、行った店舗はタッチパネル注文が可能なところなので、とても気楽である。




☆☆☆☆☆
御訪問、そして、最後までお読み頂きありがとうございます!
今回の記事はいかがでしたでしょうか?
もし、今回の記事が少しでも、あなたの暇潰しや娯楽になったのなら嬉しいです。
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます