読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


過去に受けたパワーハラスメントの話⑧~泣きっ面に蜂

過去記事は、サイドバー、もしくはこの一文の上、カテゴリー「パワハラ」をクリックすると見られます。宜しければどうぞ!

父親から「体を壊してから辞めろ」と言われてしまった夏季休暇時の帰省。
それ以降、退職するまでの約一か月間、私は毎日

(血でも吐かないかな。吐いたら辞められるのに…)

と思いながら出勤していました。




でも、私には一つ小さな希望があったんです。
「教育担当が彼女から別の人に変更になれば状況も良くなる」
という希望。
それを糧に耐えに耐えていました。

そんなあるとき、Oさんがまた私を傷つける為に家族の事を悪く言ってきました。
「もう家族のことを悪く言わない」
という約束を彼女としたにも関わらずです。

悔しくて、悲しくて泣きながらパソコンを打っていると、

「いつまでこれ見よがしに泣いてるわけ?私に謝ってほしいわけ?」

また罵倒が始まりました。

「すみません」

声を絞り出し、謝罪しました。 何が悪いのかもうわけがわからなくなっているけれど、とにかくOさんが怒っているから謝ろう、そういう気持ちでした。


その当日か後日か曖昧ですが、Oさんは私を誰もいない倉庫に呼び出しました。 私を罵倒するためです。
罵倒の中で彼女が
「私、教育担当はずれようか!?」
と言ってきました。


その時私は
「Oさんが教育担当外れたら、私どうなるんでしょうか?」
私が待ち望んていたこと、希望だったので、うっかりそう聞いてしまった。


それが余計彼女を激昂させることになりました。

「そんなの知らないよ!辞めるしかないんじゃないの?って言うかさ、私が教育担当外れようかって言ったら、「はずれないでください!Oさんの下で頑張らせて下さい!」って言うのが筋じゃないの!?あなたは人間性がおかしい!」



こうなったら私が頭を下げないと許してもらえません。仕事も教えてもらえません。

誰もいない倉庫で、私は頭を下げながら言いました。





「Oさんの下で頑張らせて下さい」




こうして私の希望は打ち砕かれました。
私が大事にしているもの、家族への思いや自尊心も同時に打ち砕かれました。

☆☆☆☆ 編集後記的な。

このパワハラシリーズ。
予定としては、あと3回です。

この辺りは、もう毎日が辛くて辛くて仕方なかった時期です。
(血でも吐かないかな)と思ってる時点で振り切っちゃってるんですが、当の本人はそれに気付いていない、という危うい時期。


この日の夜、当時付き合っていた彼氏に電話でその日あったことを伝えました。
覚えているのは、彼が何を言っても、私が
「もういいんだ…。もういいんだ…。」
という言葉を繰り返していた、ということ。それだけ。
彼からすると、私がおかしい…とかなり心配になったようで、翌日の夜に電話を何度もくれるのですが、それはまた次の記事で。



(そんなわけで、もう少し続きます。宜しければお付き合いください)

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村
↑30代の転職ランキング、INポイントでは皆様のお陰で
254サイト登録中1位に輝きました(2014年11月2日時点)!
ありがとうございます!

サイドバーにあるランキングから投票頂くと、このブログのランキング詳細が見れたりしますw
この件に関しては、別ブログ(サイドバーにリンク貼ってます)に感想をアップしておりますが、そっちはかなり適当にやってるブログです…宜しければ…。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます