読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女の酒と肴、時々男

32歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


すっぱい葡萄と言われようが、自分の直感を信じることにする

漫画 転職活動 面接


すっぱい葡萄

「すっぱい葡萄」(すっぱいぶどう)はイソップ寓話の一つ。「狐と葡萄」ともいう

あらすじ

キツネが、たわわに実ったおいしそうなぶどうを見つける。食べようとして跳び上がるが、ぶどうはみな高い所にあり、届かない。何度跳んでも届かず、キツネは怒りと悔しさで、「どうせこんなぶどうは、すっぱくてまずいだろう。誰が食べてやるものか。」と捨て台詞を残して去る。

解説

手に入れたくてたまらないのに、人・物・地位・階級など、努力しても手が届かない対象がある場合、その対象を価値がない・低級で自分にふさわしくないものとみてあきらめ、心の平安を得る。フロイトの心理学では防衛機制・合理化の例とする。また、英語圏で「Sour Grapes」は「負け惜しみ」を意味する熟語である。

※引用:すっぱい葡萄 - Wikipedia


さて、なんだかんだ更新します、佐藤コミソムです。




バイト終了後、面接を受けて参りました!



その企業の最寄駅に着いたときは既に日は落ちており。


都心のその駅から歩くこと約10分。


その企業が入っているビルの前に着きましたが、周囲は閑静というか、結構暗い感じ。


(ランチとかどこで食べてるのかしら(´・ω・`)?)


どこの企業に面接に言っても、結構そんなことを考えますw




約束した時間20分程前に到着してしまったので、ビル前で時間を潰し、5分前に1Fエントランス横にあるインターホンを押しました。


すると、女性の方が電話口に出られて、
「そちらでお待ちください」
とのこと。

ビルの上階にその企業は入っているはずなので、エレベーターでわざわざ降りてきて下さるのか、と恐縮しながら暫し待機。


すると、ドアが開いたエレベーター内に20代後半~30代前半くらいの女性が二名乗っていらっしゃいました。


(んんん?お二人とも関係者なのかな?それとも一人だけなのかな?)





結果、お二人とも社員さんだったようです。





上階に上がるかと思いきや、不思議な雰囲気の部屋に通され、面接開始です。



聞かれた内容はまあオーソドックスと言えばオーソドックスで。




①自己紹介お願いします
②退職理由(直近とその前の会社の)
③給与面の確認
④弊社に求めることを3つ挙げてください
⑤何か質問は?


これくらいでしょうか。


まあ、そんなにうまくは話せなかったですね~。




なんと言うか、その面接の感想ですが…





(あ~…こういう空気、嫌いだなあ)




ってずっと感じてました(案内されたときから退室するまで)。



面接終了後、友人に送った私のLINE文を幾つか抜粋します(「メール文」に対して「LINE文」って言葉あるのでしょうか?)
友人からの返信は省略するので、そこは御想像下さい!



うん、細かいかなあ、でも、そーいうのを許す企業イコール、

私とは合わないかなって感じちゃった!

なんだろなー、なんか端々に違和感が…



そうなんだけどねぇ
でもなー、なんだろなー、私の価値観に合わない感が強く~
私は人間関係のストレス耐性が弱いと思うからね~、人間関係を取ろう思うのよ~
てか、辞退しなくても多分ダメっぽいし、こっちから辞退しようかなーと思ってるのもある~w
面接ね~、酷くはないんだろうけど、相性かなあ



ここ一年で結構私も面接受けてきたから、あっちも私を評価するように私も見ちゃうんだよね、相手の態度とかしゃべり方

面接担当者=会社の入口というか顔だから、それを任されてる人達に魅力を感じないと、入ってからも一緒かなって思っちゃう

バイトなら勢いで入り込んでも良いんだけど、正社員で次も早期退職だとさすがにまずいから慎重になってるのもあるんだけど
どんな状況でもいいパフォーマンスをしろって雰囲気の面接をする会社って、働いてからもそれを強いられる気がするんだよね~、それは私には合わないというか
私は相手に感情移入しちゃうし、尚且心を汲み取ってほしいって考え方だからねぇ、あまちゃんなのです~
それを許し、許される環境じゃないとハートが疲れちゃうかも…働くって大変だ!!



私は過去の経験と自分の性質を考えると、周りの環境が合わないと自分の能力を発揮できる自信がないのよねん…周りの空気に合わせよう合わせようとし過ぎて疲れちゃう


今のバイト先はベンチャーで、社員がまだ○名しかいないんだけど、人への対応が柔らかいのよね~
謙虚というか、腰が低いというか~
あーいう人達と一緒に働けて今嬉しいし、私もあーありたいと思うの
だから、今日の面接のお二人は他の人から見たら魅力的な対応をされていたのかもしれないけど、私の好みではないのよねぇ
そろそろ贅沢言ってられないんだけど、もう少し就活続ける!

そんなわけで、あちらから不採用通知が来る前に、選考辞退をしようと思います。
(振り返れば、先方に自己紹介して頂いてないなあ…それも違和感だったのかしら)


このLINEを見て、




甘えるんじゃねえ!(# ゚Д゚)コラァ




とお感じになる方もいらっしゃるのはわかっておりますが。



以前、面接やその他諸々に違和感を感じた企業があって。
でも、仕事内容に惹かれて入社を決めたら、実際、面接時に感じていた違和感は間違ってなくて、結果早期退職した、という経験があるのですよね。




私はやりたいことの為なら何があっても耐えられる!



という性格ではないのだなあ、とその時思いました。
逆に考えれば、そこまでやりたい仕事ではなかったのかもしれないですが。


このLINEに付き合ってくれた友人は派遣社員で大手に勤めていて、その企業に入れれば面接の対応とかどうでもいい!と思うくらい志望度が高かったらしいです。そういう迷いがないところ、羨ましいです;つД`)



取り敢えず、今回の面接でもっと練り直す必要があると特に感じたのは自己紹介だったので、次回同様の内容の面接があったときにはもう少し聞いている方に楽しんでもらい、尚且つ興味を持って頂ける内容にしたいと思います。


f:id:saredosannbyou:20141114233102j:plain
※引用:おかあさんの扉2巻

おかあさんの扉2 (オレンジページムック)

おかあさんの扉2 (オレンジページムック)


す、すっぱいほし葡萄なんていらないや!!!!;つД`)






余談ですが。


これでも一応、今現在は

にほんブログ村の30代の転職ランキング一位

なので(INポイントでは)、万一面接を受けた企業の目に入って、私ってばれたらどうしよう、大丈夫かしら…と思い、多少オブラートに包んだり、読んだ面接担当官が自分のことだと気づき得ることを書いたLINE文は掲載を控えてます(;^ω^)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
読了後、是非クリックお願いします!更新のかなりの励みになります!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます