読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


短期バイトの面接

転職活動の傍ら、取りあえず1ヶ月程度の短期バイトをやりたくて、マイナビバイトを検索したのが今日の15時半頃。
時給はそこまで高くなくても良いから、データ入力系の私にとってはストレスが比較的かからないものに条件を絞って検索。

時間をそれなりにかけて探せば、より良い条件の求人はたくさんあるとはわかってはいますが、取りあえずの短期バイトということもあり、

(んー、これで良いか…ぽちっとな)

と、ふと目についた求人の応募ボタンを押しました。

その10分後、早々に先方からお電話を頂き、その約二時間後に面接をして頂くこととなりました。
普段着で良いとのことでしたが、今回提出する履歴書で証明写真を使い切ってしまうと気付き、
面接終了後、駅の証明写真機で撮影して帰ろうと、上半身はシャツとジャケット、下半身はチノパンを着用してお伺いしました。

都心の駅からほど近い場所にあるビルの中にその事務所はあったのですが、エレベーターを降りた瞬間、なんというかマンションっぽいというか、薄汚い雰囲気があり…だ、大丈夫かしら…と不安になりました。
こ、怖い人がいそう。

おそるおそるインターホンを押すと、30代半ばくらいの中々イケメンの方が出てきてくださいました。
入口入ってすぐにテーブルとイスがあり、広くはない、というか狭い事務所のようです。

面接開始前に御丁寧に名刺を下さったのですが、「代表取締役」との記載。
ほほう。人の少ない事務所のようです。



余談ですが、バイトの面接って、仕事の内容にももちろんよるでしょうが、最低限のコミュニケーション能力さえあれば受かると思っているので、緊張は全くしないのです、ここ最近場数踏んでますし。
正社員面接では、言葉使い一つで判断されるのかしら、、、、と疑心暗鬼になってる部分もあって、無駄に緊張するのでしょうね。

面接内容ですが、最初の10分くらいは仕事内容、条件面等の説明をして頂き、そのあとの30分は私の転職活動状況や今後のキャリアプランの話に終始しました。開始10分の時点で「採用」という明言があったので、30分は要は雑談です。


というのも、今その会社は二期目で社長さん含めて社員は二名らしく、今後仮に事務等の社員を増やす場合、経理以外のこともどうしてもやってもらわないといけない…それは経理職で入社した人にとってどういう気持ちになり得るのかという疑問があり、希望職種が経理の私のキャリアプランや考え方を興味深いと思ってくださったみたいです。


その社長さんの対応や話し方、雰囲気等がとてもスマートで、ビルの内観はちょっとあれでしたが、会社としては問題なさそうだな、とその40分で判断。
上に立つ方って、年下の話もきちんと聞ける人なんですよね、上から目線にならずに。
情報を手広く収集しようとする姿勢をお持ちというか。

面接上の必須項目、というわけでもなく、雑談という形で、目上の方に自分のキャリアプランを説明するのは有意義で楽しかったです。自分の頭の中の整理にもなりましたし。

就業開始は早ければ再来週からです。
チャンスがあれば、社員さんと仲良くなっていろいろ今後も御意見をもらえたら嬉しいと今は思っています。


家路の電車内で、来週末の2日間限定の単発バイトにも応募。
将来的なことや金銭的なことを無視すれば、単発バイトっていろんな会社や人と出会えるから楽しいんですよね
…無視できないけど。

バイトでも仕事が決まると嬉しいものです!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
読了後、是非クリックお願いします!更新のかなりの励みになります!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます