読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女の酒と肴、時々男

32歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


明日から社会人10年生

仕事

ちょっと更新期間が空いちゃいましたね(;^ω^)
どうも!佐藤コミソムです!


今月の2日入社なので、厳密にはまだだけれど、入社して約一か月経ちました!
なので、今日はこの1か月の振り返りを少し。

入社して2週目あたりの話


入社2週目、


(むむむむ・・・この会社でうまくやっていけるかしら・・・)


と実はちょっと不安感に襲われていました。


と言うのも、
・入社1週目~2週目半ばまで→S課
・入社2週目~4週目→K課
・入社5週目(今ココ)→再びS課

という感じで、幾つかの課のOJTというか、お手伝いを通して、会社のことを学んでいく、という研修方式で。

最初のS課はまあまあ平和に過ごせたのですが、二週目のK課の、比較的重鎮と思われる年上の女性に対して、当初

(あ、苦手なタイプかも。。。)

という印象を抱いてしまったのですね。


勤務中に、私語や人に対しての悪口が多かったり、すこーし、瞬間的に言葉遣いが荒かったり(それを上司が注意しない)。
でも、どうやら仕事は出来るっぽい雰囲気で。


新卒の時に私をパワハラ退職に追いやったOさんがゴジラなら(詳しくはサイドバーのカテゴリ「パワハラ」を御覧ください)、その方はミニラ的な印象を抱き、


(あ、敵に回すと面倒なタイプだなあ)


と強く感じたのです。


入社3週目あたりの話

でも、ですね!
私も、もう22歳の小娘ではなく!
そういう方にどう接するかの傾向と対策を自己の経験からそれなりに編み出しているわけです。
それは、端的には以下2つ。


  1. 一所懸命仕事をする
  2. その人のコンプレックスを刺激しない


です。


一つ目は当然なのですが。
ただ与えられた仕事を正確に迅速に可能な限りこなす。
そして、何が自分の周りで最も求められていることかを考え、それを率先して消化する。


推察の末、その課で求められていること、そして、私にも対応可能な仕事は「電話対応」だと私は結論付けまして。

会社のフロア分け方法等の幾つかの要因はあるのですが、電話対応は少々その課に集中している傾向があり。
なので、電話、とにかく出ました。
いやらしい言い方をすれば、アピールなんですけどw
前職で電話対応を鍛えられたことに今更ながら感謝しました。


そして、2つめのコンプレックスについて。
これはOさんを初めとする、他社に攻撃的な言動を放つ人を私なりに分析した際、そういった方って何らかのコンプレックスを抱えている可能性が高くて。

それが、「容姿」なのか「学歴」なのか「生い立ち」なのかはわかりませんが。

なので、それらを刺激しうる言動や対応を避けることを意識しまくりました!


入社4週目(先週)の話

そういった努力が功を奏したのか、彼女から電話応対や私の仕事ぶりを定期的にお褒め頂け、色々仕事のことを教えてくださったり。



そして、先週金曜日はお誘いを受け、仕事後飲みに行ってきました(●´ω`●)



あ、本当に「何かあったわけ」ではなく、楽しく過ごせましたw


今は、

てか、「ミニラ」なんて思ってごめんなさい(゚Д゚)


と思っています。


でも、気を抜くと、

(敵対視されそう)


という思いは拭えないので、調子に乗らず、真摯に、謙虚に、今後もやっていきます!


社会人10年生になります

22歳で入社式を迎えて以降、「○歳だから」というイベントは皆無で。

今後はせいぜい、厄年とか・・・もっと先の還暦までないじゃないですか、自分主観のそういうイベントって。

それに気付いて、あ、だから、人は結婚して子供を欲しがるんだな~、人生の再放送というか、リバイバルを子供を通して楽しみたいんだな~、なんてひねくれたことを最近考えたりしつつ。

でも、新年度は、毎年、

(社会人○年生だな)

って思うようにしています。
10年生ってことは、新卒時を小学1年生と考えると


高校一年生

なんですよね!


結構大きいですよね!
高校一年生!


小学一年生と明日以降、肩を並べるわけですが、


もちろん高校生として負けるわけにはいかんので、地道にコツコツ頑張ります。


皆さん、今年度、お疲れ様でした!
明日からまた気持ち新たに頑張りましょう!!!!




新年度からはもう少しブログ更新頑張ります(;^ω^)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です!バナーをクリック頂くとポイントが加算されます!宜しくお願いします(●´ω`●)


広告




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます