三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


両親に対して新しい感情が芽生えた話

どうも!佐藤コミソムです!


ちょっと更新の間が空いてしまい、


(はて?文章ってどう書くんだっけ??)


と、正直少しブランクを感じています(;^ω^)


が、そんなブランクを感じつつ、感じさせつつ、頑張って書きます!
取りあえず、久々の記事内容としては、北海道への帰省話を少し。


5泊6日の北海道帰省

今の会社は、土曜日出社が多い代わりに、GWや年末等は大型連休で。
今回は4月29日からの12連休!
そんなわけで、29日から5月4日まで、久々に帰省してきました。



機内で鼻水ずるずるさせながらの帰省、というちょっと残念な出だしではありました(;^ω^)



東京の装い(タンクトップにシャツ)で釧路に辿り着いたら、多少覚悟はしていたものの、



冬!!!Σ(゚Д゚)


駅でブルゾンとロングTシャツを着用してもまだ寒いっていう!

そして、


こんなハプニングもあったものの無事帰宅出来ました。


f:id:saredosannbyou:20150507152705j:plain
銀の匙』参照。

両親に対して芽生えた新しい感情

今回の帰省。
「親を親として」ではなく、「一人の人間として」、初めて見ることが出来た感覚があります。

私はこれまで自分の両親のことを正直、面倒なタイプで変わり者だと思っていた節があり。
「勤勉な両親」とは他者には説明しつつも、苦手意識が根底にずっとあったのです。

でも、この2年強、転職活動等をきっかけに、多種多様な社会人と出会う機会がこれまで以上に多くあり。


そこで出会った方々との比較論なんでしょうね。


(私の両親ってきちんとしてるなあ!)

と、しみじみ。



私の親は3人の子供達をきちんと育て上げて。
父親は体を壊した時期もありましたが、定年まできちんと毎日真面目に働き。
母親も糖尿病を患うまで10年以上、毎日新聞配達のバイトをしていて。

そして、今。
糖尿病が原因で視力が下がってしまっているのに、それを言い訳にして家事を怠けることなく、きちんと片付いた部屋をキープしている母親は本当に偉いなあ、と。

父親は自分の貯金で新車を購入していて。コツコツ貯めてたんだなあ、偉いなあ、と。



そして、無償の愛ってこういうことか、と

(あ~、私、愛されて育ったんだなあ)

と31にして客観的に気付けたという・・・
気付くの遅いんですけどね!
今まで鈍感過ぎただけかもしれない!




(もう少し頻繁に帰省しよう・・・帰省してあげよう・・・)



そう思った次第であります!


結婚と出産へのプレッシャーが特に父親からすごいけれど、それもまた良しw






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です!バナーをクリック頂くとポイントが加算されます!宜しくお願いします(●´ω`●)


広告




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます