三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


毎朝毎夕の山手線の椅子取りゲーム

上京してこの春で丸10年が経った。
テレビや本の中でしか知らなかったけれど、東京に来て初めて実際に見たり、体感したことは幾つもあるが、それらを三つ挙げるとすると、梅雨、ゴキブリ、そして、最後は満員電車だ。



スポンサーリンク


朝の風景

ゴールデンウィークが終了し、毎朝7時35分を目途に自宅を出発する日常が戻った。

休み明けの月曜日なんかは、連休の合間の平日よりも電車が混雑しているように感じたり、「朝間混雑の影響で、予定よりも5分程遅れて到着します。朝お急ぎのところ申し訳ございません」という車内アナウンスを聞く羽目にもなったりとげんなりした。
しかし、私がげんなりしようとどうしようと火曜日がやってきて、前日同様に「7時35分」をテレビ画面で確認すると、リモコンの電源ボタンを押し、鞄を肩に、手に定期券と鍵、そして燃えるゴミを持って玄関のドアを開いた。


これが、私の「日常」で「生活」なのだ。

通勤電車の乗り換え、そして、過ごし方

私の通勤時間は約1時間10分だ。乗り換えは2回。
そのうちの1時間弱は電車に揺られている。

1回目の乗り換えの際は、駅のホームの自販機がそばにあるところに立って、2回目の乗り換えの際は、先頭車両が来るあたりに立ち電車を待つ。
つまりは、乗り換えがスムーズな車両、駅の出口が近い車両、それを選んで通勤している。

途中で乗り換える山手線では、幾つかのターミナル駅を降りる人達を尻目に乗り続ける為、それらの駅に到着するタイミングで座席に着くことも日によっては可能だ。
しかし、片手につり革、もう片手でスマホを操作しつつ揺られ過ごしていると、私が持ったつり革の前に位置する席の人ではなく、その隣の人が席を立ち、その前に陣取った人が空いた席にそそくさと腰を下ろす、なんてことも当然ある。
そして、それが数度続き、降りる駅名が放送されるとタイムアップ。椅子取りゲーム終了となる。

そんな日は、今日は負けたか、と思い下車し、ポケットから定期券を出しながら改札へ足を運ぶ。

しかし、そのゲームは毎朝毎夕繰り広げられるし、改札を通過するのが早いか遅いかで、勝ったか負けたかなんか忘れてしまうのだけれど。


さて、本日は勝てるでしょうか。



行ってきます。
皆さま、行ってらっしゃい。




f:id:saredosannbyou:20160508204841j:plain

連休明けのお弁当は焼きそば。マヨネーズ付き。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
↑何か共感頂けた際は、クリック頂けると嬉しいです!


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます