読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女の酒と肴、時々男

32歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


朝から休肝日と決めていた夜のこと

料理 日常

それを思い出したのは昨夜のことだった。

豚肉の細切れ、もやしやキャベツやニンジン等のミックス野菜袋詰め、そして、小松菜と卵、それらをごま油を引いたフライパンで加熱しながら、合わせ調味料(オイスターソースや鶏がらスープの素、チューブにんにく、お酒)をタッパーに作っているときに、その材料の一つにと、中身があることを前提に手を伸ばした砂糖ケースの中は空だった。



スポンサーリンク



なくてもなんとかなる、なんとかする

それと同時に、そうだ、そう言えば、前回最後の一匙と少しを使い切ったじゃないか、と思い出した。
そして、キッチンの3つある引き出しの真ん中を引いて開け、中にあるものを確認したけれど、期待した砂糖のストックは入っていなかった。
もしや、と思い、今度は3段目の引き出しも引いてみたけれど、真ん中の引き出しを開いた際と、結果は変わらなかった。

それならば仕方ないと、砂糖の代わりとして、元々入れる予定のなかったみりんを使ったその料理は、結果全く問題なく、私は昨夜、今日の昼、そして、今晩の計3食それ味わった。
3食目に当たる今晩は、ご飯の上にそれと、中央に昨日から漬けている味玉を乗せた。
そして、何より先に、それを箸で半分に割ってみると、少しとろみのある、オレンジ色の黄身が確認できた。


合格。


伝える相手は目の前にいないので、そう心の中で呟く。



f:id:saredosannbyou:20160516220429j:plain



ちなみに、今日仕事後のジムの後、自宅の最寄り駅のスーパーで購入したのは、

  • 砂糖
  • 乾燥わかめ


問題はなかったけれど、次回はみりんではなくきちんと砂糖を使おうとは思う。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
↑何か共感頂けた際は、クリック頂けると嬉しいです!


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます