読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


身バレしたあとの中央線某駅での複数人飲み会

先月中央線のA駅にて開催された一人飲みの方々が集う祭典に、金曜日の仕事後に参加してきた。

参加リアルタイムにTwitterで「一人飲み祭り参加中!」とか「A駅に来てます!」といったツイートをするのは敢えて避け、私は、画像(イベントのパンフレットと名札とビール)に「楽しい」と一言添えて、
[ツイート]←青いボタン
を押した。


f:id:saredosannbyou:20160616203835j:plain


理由は勿論、身バレ防止、のため。


しかし、参加翌日だろうか、
「飲み屋さん祭りで隣になった〇〇です」
という予想しなかった連絡をTwitterを介し受け取った。



恐らくTwitterで「A駅」検索→私の呟きを引用リツイートしたものを発見(原文にはA駅と入っていないけれど、フォロワーさんは入れてる為ヒット)→元の呟きに添付された画像で私と認識した、という流れだろうか。


一度インターネットという小宇宙に何かを発信してしまったら、それがどういった形で拡散されて、どういった方々の目に触れるのか、それは予想できないのだなあ、いや、単純に、身バレ怖い、気を付けよう、そう思った。
友人にもこのブログやTwitterのアカウントは教えていないけれど、仮に本気で探す気になれば、今回のように簡単に見つかってしまうのだ。
匿名性ゆえの自由感、解放感。
これを私は失いたくない。



スポンサーリンク


久々の3人以上の飲み会

「〇月〇日〇時に、飲み屋さん祭りで連絡交換した方々と今度集まるのですが、良かったらいらっしゃいませんか」
というお誘いをTwitterのリプライで頂いた(既に消して頂いた)。
その後、招待された10人を超えるLINEグループメンバーの名前を確認すると、面識があるであろう人をお誘い下さった男性以外に見つけることが出来なかった。
人見知り、大人数が苦手、そんな自分の性格は自覚している。
けれど、もしかしたらいい出会いもあるかもしれない、そんな淡い期待を持ち参加することに決めた。
参加される他の方にはTwitterのことを言わないでください、とお願いした。



☆☆☆☆☆


帰宅後、ウコンの力を注入し、自転車でA駅へ。



f:id:saredosannbyou:20160610203439j:plain


f:id:saredosannbyou:20160610210002j:plain





男性4人、女性5人、くらい。
乾杯。


私はビール以外は基本飲まない。
黙々飲む。

「飲むペース早いですね」
隣の女の子にそう言わる。
打ち解けていない方々との飲みは、ついいつも以上にペースがあがってしまう。はは(言葉に出してはいない)。


出身と仕事の話になり(私は事務系総合職)、
「その仕事する為に東京に来たの?」
と参加男性に言われた。
嫌な奴確定。阿呆。この怒りを翌日以降も引きずることになろうとは。


誘って下さった男性に
「いやあ、正直Twitterで見つかったときは、怖い!って思いましたよ」
と言うと、丁寧に謝罪頂いた。和解。



1軒目終了後、あとは散り散り。
2軒目3軒目は3人(私と男性2名)で行ったはず。
はず、というのは2軒目での記憶がすっぽり抜けているので。



散々飲んで、記憶が飛んでも自転車で帰宅できる、というのが特技です(飲酒運転、ダメ)。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
↑何か共感頂けた際は、クリック頂けると嬉しいです!


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます