三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


大人しい顔をして実は最近思っていること

「遅延が発生しやすい路線の人もいると思いますが」


毎週月曜日に行われる朝礼で、その週の予定を言い終わった上席が、最後にそう付け加えたのは月初のことだった。


スポンサーリンク



私はそれまで、電車遅延が全く発生しなければ、始業10分前には着席できる電車で毎朝通勤していた。
けれど、「全く発生しない」なんてことは当然ながらまずない。

約1時間という時間を過ごす電車の中では、「朝間混雑」「ドア点検」「体調の悪いお客様」「非常停止ボタン」等等のアナウンスをほぼ毎朝耳にする。
それによる遅延は最初は5分弱程度だったのに、「前の車両との間隔調整」、さっき耳にした駅と同じ駅で再び誰かが押した非常停止ボタン(こういうときは心の中で、「○○駅!」とその駅に憤る理不尽さ)だったりが理由で、その遅延の分数が重なっていくことに結果なって、会社の最寄駅に着くやいなや、会社というゴールを目指し本気の中距離走をする羽目になる、なんてことも少なくなかった。
上席が朝礼でその件に触れたその前週は、電車遅延で私を含む3名が遅刻をしていた。

(さすがに・・・)と思ったのだろう。


しかし、特に名指しせず、オブラートに包みながら「早目の電車に乗るように」という、その警鐘方法に、逆に私は反省をし、翌日からそれまでより1本、時間にすると4分早い電車に乗るようになった。
そして、前までは15分、今なら20分の遅延まで耐えられるレベルに達することに成功した。

朝の数分は「たかが数分。されど数分」なのだ。
そんな自分の行動に達成感をより感じたいがために、

(数分くらい遅延すればいいのに)

なんて、何万人から袋叩きに遭うか想像もつかない、そんな身勝手なことを大人しい顔をして実は思いながら私は今日も出勤するのだ。



f:id:saredosannbyou:20160618123906j:plain
ガタンゴトン。ガタンゴトン。
「次のお出口は右側です」



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
↑何か共感頂けた際は、クリック頂けると嬉しいです!


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます