読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


訪問者の思い出と最近の事件のこととか

東京一人暮らしのOLの家に連絡なしに訪問してくる客などそうはいないだろう。
それは私も同様である。
ゆえに、休みの日など、インターホンが鳴ることがあっても対応はしない。
しかし、モニター付きインターホン、という小洒落たものが設置されているので、
(どんな訪問客なのか、そのツラ拝んでやろう)
と、一応画面を覗きはする。
万一、知った顔がそこに映し出されでもしたら、驚愕、場合によっては震撼するが、これまでのところは、知らぬ中年の誰かがその中にいるのが100%だ。

スポンサーリンク



引っ越し当時の訪問客の思い出

そして、改めて
(何かの勧誘の人間だろう)
と、その知らない中年の誰かにレッテルを貼り、受話器を上げることなく、私はもといた場所(高確率でベッドかソファー)に戻るのだ。
これが私の日常の風景のひとつであるが、今の部屋に引っ越し当初、モニター付きインターホンに慣れていない頃は、アポなし客がインターホンが鳴らす度、律儀にその受話器を上げていた。
引っ越して一月経たないくらいのときに、スーツ姿の、真面目そうな四十代と思しきメガネの男性が映し出された際も、つい応対してしまったのだが、それは、NHKの集金であった。
その前に約3年住んでいた埼玉の部屋では訪問されたことはあったのかもしれないが、遭遇したことがなかった人物であった。
ネット等では、
NHK見ないんで!と言って、追い返した」
というような経験談を目にしたことはあるが、小心者ゆえに、私はそのNHK集金男性からすればかなりの良い視聴者で、ごねることなく、受信料の引き落としの契約を玄関前で結んだ。
ただ、引っ越したてで、契約書欄の「現住所」の某漢字がまだ書けず、
「あのー、〇△の〇っていう字ってどう書くんでしたっけ・・・・?」
とその男性に伺ったので、阿呆な視聴者、と思われたに違いない。

そんなわけで、私の住居の玄関のドアの横には、「NHK」と書かれたステッカーがびしっと貼られているのだけれど、ほかの居住者はどうやら頑なに居留守を使い続けているのか、彼らのドアの横にそれは今日も見当たらないのであった。

LINEの着信音で起きた朝

ピロリン、ピロリンと鳴り響くスマホからのLINE着信音で私は目を覚ました。
急ぎの連絡、というのも早々ないので、スマホは8割方サイレントモードに設定しているのだけれど、昨夜は通常モード設定で眠ってしまったのだなあ、着信音が聞こえる方に手を伸ばし、その画面を確認するまでのうとうととした数秒間にそう考えた。
画面を見ると、それは姉からのLINEメッセージで、神奈川の相模原で夜中に起きた未曾有の事件に対して驚愕している内容だった。
私達姉妹は、何かの事件や事故、芸能、政治等のインターネットで仕入れたニュースのURLを添付し、それを話題にああだ、こうだとその感想を送り合う、という習慣がある。
お互いを、「必ずリプライのあるTwitter」」として利用している感は否めない。
姉からの連絡でその事件を知った私は驚き、そして、その詳細が気になりテレビを付けた。
すると、昨晩寝る前に最後に見た局は日テレだったらしく、美味しい店だか楽しいスポットだかをテンション高く伝えていた。
私は朝は夏目ちゃん派なので、リモコンのTBSの番号を押したが、そこも別の事件の報道をしているタイミングであった。
私はまたリモコンを操り、受信料を払っているNHKへとチャンネルを合わせた。
NHKはその時点での詳細を私に教えてくれた。そうでなくては、私も浮かばれない。

しかし、最近の日本は、罪のない人が、無差別に、簡単に、冷酷に殺められるような事件が多いように感じる。
20代前半の頃、姉と約3年、アパートの1階の1Kの部屋で二人暮らしをしていたのだけれど、窓を開けっぱなしで寝たり、ついうっかりドアの施錠し忘れたりということが数度あり、その度帰宅した姉に叱られていた。
しかし、当時叱られてもどこ吹く風だった私も、良いのか悪いのか、
(一番怖いのは人間だよなあ)
と今は思うようになり、窓を閉め、玄関のドアの施錠をし、夜道をその当時よりは警戒をしながら歩いている。




☆☆☆


前日から始めた
「一人飲みの回数を減らすために、お財布に千円札だけ入れておく作戦」
は私に合っていたようで、本日も寄り道せずの帰宅に成功した。
折角なので、休肝日にすることにし、スーパーでは発泡酒をカゴに入れず、100円サラダととろけるチーズ、イタリアンドレッシングを購入。

f:id:saredosannbyou:20160726210036j:plain

スクランブルエッグの下に、実は冷凍食品のチキンライスが隠れている、そんな食べ物が夕飯。
卵の賞味期限が危ういので、前日に引き続き、それを複数個消費。

☆☆☆☆☆
御訪問、そして、最後までお読み頂きありがとうございます!
今回の記事はいかがでしたでしょうか?
もし、今回の記事が少しでも、あなたの暇潰しや娯楽になったのなら嬉しいです。
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます