読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女の酒と肴、時々男

32歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


真夏の夜のフライデーナイトお惣菜パーティー

日常

「山手線の某駅で飲んでいる」
と、Twitterのフォロワー兼飲み仲間さんから仕事後の夕方御連絡を頂いた。
しかし、それを頂いた際、私はグレーのカゴを片手に、
(今日は一人お惣菜パーティーをしよう。ふんふんふん~♪)
と、意気揚々に自宅最寄り駅のスーパーの商品を物色している真っ最中であった。


スポンサーリンク



アルコールの力を借りて家事をする

会計前ではあったので、その飲みに参加するか少し迷い、判断材料として最寄駅からその山手線某駅までの所要時間をスマホで確認してみた。
予想はしていたが、約50分かかる、ということがわかり、残念だけれど、今回はお断しをすることにした。


結局、買ったものは、

  • カツオのたたき
  • 焼き鳥(塩だれ)
  • グリーンラベル2本


である。


さすが梅雨明け。
買い物を済ませ、帰宅すると、室内はムンムンとした熱気に支配されていた。
慌てて、クーラーのリモコンを探し(それは高確率でベッドの上に、ぽん、と置かれている)、見付けたそれの電源ボタンをクーラーに向けて、えいっと押した。
そして、早く冷えろ、という願いを込めて、ピピピピっと、朝よりも4度低い温度に設定をした。


f:id:saredosannbyou:20160729195442j:plain
さて、献立がたった二品の、惣菜パーティーの開催である。

鰹のたたきは、てっきりポン酢もパックの中に入っていると思いきや、その中には主役の鰹、そして、しょうがが入っているのみだった。
期待せずに、冷蔵庫を開けてみたが、結果は、その期待通りだった。
仕方なく、醤油、そして、酢をくるっと上から回しかける、という応急処置を取ったが、味は案外悪くなかった。
カルパッチョ気分であったならば、冷蔵庫の中のキューピーのレモンドレッシングやイタリアンドレッシングをかけるのもありだったろう。
宴は着々と進み、発泡酒をほぼ一缶飲み切ったあたりで、私の中でメラメラと元気とやる気が燃え上がって来るような感覚を覚えた。
それを活用しなくては勿体ない、そう思った私は宴を一時中断し、洗濯機を回転させ始めた。
帰宅直後はうっとおしく感じたその夏の気候も、その夜風に洗濯が終わったそれらを漂わせたている際は、なんとも素敵に感じてきた。
夏万歳だ。
真夏の夜の気候と、アルコールについ乗せられて、私は洗濯機をもう一回転させたのだった。




☆☆☆☆☆
御訪問、そして、最後までお読み頂きありがとうございます!
今回の記事はいかがでしたでしょうか?
もし、今回の記事が少しでも、あなたの暇潰しや娯楽になったのなら嬉しいです。
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます