三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


ところで、店員さんに態度悪いですよね

今年の春、某居酒屋のカウンターで、安定の一人飲みをしていた際、隣合わせたハンカチ王子(今はおねだり王子らしいが)をくたびれさせて、歯の矯正をさせたような風貌の、40歳の男性に、
「おかわり何か飲みますか。良かったら御馳走しますよ」
そんなふうに声をかけられたのが事の始まりである。


スポンサーリンク


数か月前の出会いの話

連絡先を交換し、後日改めて飲みましょう、ということになった。
しかし、初対面の際は気付かなかったのだが、その男性が店員に対し、どうした?と思うほど態度が悪い、ということを再会して知ったのだった。
彼は店員と接する際、「態度のチューニング」をあからさまに「悪」に変えているように見えた。
二軒目に入った店でも、何も落ち度のない店員に対し、ファーストオーダーから態度がすこぶる悪かったので、私が彼にぶつけた言葉が、この記事のタイトルである。
自分のすべての行動に対し、持論を展開するタイプ、ということを一軒目で感じていたので(私もそれは同様だが)、彼のその対応に関しても彼なりの理由があるのだろう、と考えた為だ。
彼は私の発言に対し、
「ああ。僕、態度悪いですよ」
と悪びれもせず認め、そして、こう続けた。
そもそも店にとって“いい客”っていうのは“店員に態度がいい客”じゃなくて、その店に“たくさんお金を落とす客”だと思うんですよ。僕が経営者ならそう思いますし、別に客の態度が悪くても腹が立たないですしね」
それに対し、私は、
「私、例えば、コンビニの会計の時に、レジで、“お願いします”、とか、“ありがとうございます”って言うようにしてるんですけど、絶対言いませんよね?」
と聞いてみた。
勿論、彼は、言わない、と返してきた。なんで言わなきゃいけないのですが、と。そして、
「普通の女性は、店員に態度が悪いと思っても言ってこないで、連絡を切ってきたりするけど、あなたはそれを言ってくるのがいいところですね」
・・・・彼とは翌日メールを一往復しただけで、その後連絡は取り合っていない。。
一度横断歩道ですれ違ったが、私から声はかけなかった。
あちらが気付いていたかどうかはわからない。
「良い客とはお金をたくさん使う客」という定義は間違っていないとは思うけれど、だから、態度を悪くする、ということには繋がらないと思うのだけれど。
ちなみに、私が店員さんに「お願いします」「ありがとうございます」を言うようになったのは学生の時に読んだ本の影響だったりする。

久々に読むのもいいかもしれない。

ここ最近、出勤前に毎日立ち寄っているコンビニがある。
今朝もいつも通りにそこに入店し、いつも通り商品を選び、いつも通り会計を待つ列に並んだ。
そして、いつも通り、
「お願いします」
といって、商品をレジで店員に差出し、いつも通り、
「ありがとございます」
と言ってそれを受け取った。
いつもと違った点は、宮川大輔似の店長さんが私に、
こちらこそありがとうございます」
と返したことである。
今まで出会ってきた数多の店員さん達に、記憶のある限り、そう返されたことは一度もなかった。
私はなんともほっこりした気持ちで会社へと向かうことができた。
「ありがとう」という言葉と、それを言ったり言われたりする瞬間の気持ちがどんどんどんどん、周囲に連鎖して、循環していけば素敵じゃないか。
居酒屋でお絞りや飲み物等を受け取った際に、きちんとお礼を言う人が、やはり私は好きなのだ。



仕事後、マッサージへ行った。
土曜日の気落ちがまだ続いていた為、病は気からなのか、全身がバキバキになっている気がして仕方なかった。
70分のコースに今回したけれど、少し物足りなく感じたので、次回は奮発してもっと長めのコースにしよう、そう思いながら家路に着いた。
電車で読書をしていたら、はっと気付くと、窓の外に私の最寄り駅名が見えて、次の瞬間、ドアがプシューっと閉まってしまった。
久々の乗り過ごし。無念。


f:id:saredosannbyou:20160802214209j:plain
夜御飯は前日に引き続きカルボナーラ
色気を出して、具をベーコンから、冷凍の焼鮭に変えてみたが、大人しくベーコンで良かったかもなあ、と食べながら思った。



☆☆☆☆☆
御訪問、そして、最後までお読み頂きありがとうございます!
今回の記事はいかがでしたでしょうか?
もし、今回の記事が少しでも、あなたの暇潰しや娯楽になったのなら嬉しいです。
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます