読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


飲み過ぎていた当時の思い出などなど

8/23(火)
昨日は、台風の影響で迂回して帰る事になった為に断念した「仕事帰りのちょっと一杯」。
満を持して本日それを実行に移したのだが、一人で飲みに出るのは、気付けば約10日ぶりのことだった。


スポンサーリンク



出来事をこうして綴ることをきっかけに初めてその事実に気付くと同時に、一時期よりもかなりその頻度が減っていることを実感した。
このブログに「一人飲み記事」目的で訪れている方が万一いらっしゃるとしたら、ここ最近はその目的を果たして頂けるような記事を書いていない、ということになってしまうが、ご容赦頂ければ幸いだ。
健康的、そして、経済的になっているという現状は自分としては評価に値することであるが、それがきっかけでの読者離れは些か寂しくある。


思えば、前職での丸一年は、ほぼほぼ毎日に近い頻度で仕事後どこかで飲んでいた。
飲むのはいいとしても、多々どこかで飲み過ぎていた。
リアルタイムは自覚がなかったが、職場でストレス、フラストレーションを抱えてしまっていたのだろうと今は思う。

ある時は、寝過ごして、最寄り駅を遥かに通過した、よく知らない駅のホームのベンチで眠ってしまって、上り電車がもうなくなったタイミングで、知らないお兄さんがストン、と私の横に座り「大丈夫?」を声をかけてきたことで、漸く目覚めた。恐らくだが、2時間近くそこで眠っていたのだと思う。
そのお兄さんは親切でお声かけ下さったのかもしれないが、
知らない男性に知らない街で起こされた酔っ払いの脳には、
(やばい!逃げなきゃ!)
という思考が、ハムスターの回し車のようにグルグルガチャガチャ駆け巡った。
「だだだだだだ、大丈夫なんで!」
と、何とか言葉を返し、動転したまま改札を出た。
お兄さんの、
「いや、大丈夫じゃないよね?」
という返しは聞こえない振りをして、私はタクシーで帰宅した。
確か、6千円近くかかったと記憶しているが、それなら、大人しく、元々飲んでいた街でタクシーを捕まえていれば、その半分の金額で帰れたのに、と当時後悔したものだ。

私が犯した失態は勿論上記だけに留まらないわけだが、またの機会にそれらはお伝え出来れば、と思う。
しかし、当時の派手な酔っ払い方は、毎日お酒を外で飲む為に、
「いかに安く酔うか」
を探求していたことにも所以するのだろう。
探求の結果、当時多々飲んでいた日本酒やホッピーなんかは、ここ数か月手を出していない、麦酒専門ブロガーとは私のことだ。

(豚しゃぶサラダ的なものを作ろう)
そう午後から決めていたので、居酒屋では食べ物は頼まず、ハイボールのみで約1時間過ごした。
お酒や料理を楽しむことがメイン目的の日もあるけれど、今回のように、帰宅前の息抜き、ワンクッションの場所代として1ドリンク、というケースもある。
酒の肴は、本なのだ。

f:id:saredosannbyou:20160823210836j:plain
帰宅後作った豚しゃぶサラダ。
具はしゃぶしゃぶ用ではない豚肉、レタス、もやし、玉ねぎ、ごま、生卵。
そして、実は、これらの下に埋もれている豆腐、以上だ。


味ぽんとゆず胡椒。
好きな味ランキングのトップ50には入れていいかもしれない。
この2つのハーモニーは中々最強である。


☆☆☆☆☆
御訪問、そして、最後までお読み頂きありがとうございます!
今回の記事はいかがでしたでしょうか?
もし、今回の記事が少しでも、あなたの暇潰しや娯楽になったのなら嬉しいです。
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます