読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女の酒と肴、時々男

32歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


約2年待っていた映画『聲の形』を観に行った@新宿ピカデリー

漫画 日常

9/17(土)
土曜日だけれど、本日は当番の為出勤。
そんな残念な週末・・・ではないのだ。ふふふ。
今日は約2年前から心待ちにしていた予定が夜にあるのだ。



スポンサーリンク




そう。
今日は映画『聲の形』の公開日なのだ。
私は、約2年前、この作品にドはまりした。

連載中は水曜日0時を回ると、近所のファミリーマートまで自転車を走らせ、最新話を少しでも早く読もうとした(自宅から一番近いコンビニはセブンイレブンなのだけれど、そこは少年マガジンの入荷、陳列が遅かった)。
連載終了後は、漫画の舞台、栃木県大垣市を聖地探訪もした。

saredosannbyou.hatenadiary.jp


原画展へも足を運んだ。


そして、ついに、この日を迎えた。



仕事後、予約した回までは約3時間の空きがあったため、本屋に寄り道。

f:id:saredosannbyou:20160918005444j:plain
買った本。


そして、予約した新宿ピカデリー向かいのバーガーキングにて、軽めの夕食。

f:id:saredosannbyou:20160917193624j:plain
チーズバーガー一個では食べたりなかったが良しとしよう・・・。


そんなこんなをしてから、満を持して、いざ、ゆかん、ピカデリー。

f:id:saredosannbyou:20160917210506j:plain

f:id:saredosannbyou:20160917211107j:plain
チケットを見せる際、鑑賞特典の書き下ろし漫画を受け取った。

これだけでも、私にとって数百円の価値がある。
さすが、公開日。遅い時間のスタートの回にも拘わらず、席は満席。
今日に限って、仕事後の着替え用の靴下を忘れてしまい、結果、裸足の肌と靴の皮が自分の汗でぺっとりとくっついているような嫌な感覚に襲われつつも、それは無視して映画を楽しむことにした。

全7巻の原作を、約2時間でどうまとめるのか心配をしていた。
しかし、制作は京都アニメーション。そして、『けいおん!!』の山田尚子監督(私よりも年下らしい)。
心配同様、期待も勿論高かった。

私の感想としては、2時間、と考えれば、これ以上なくまとめきってくれたようにも思う。
が、私はどうしたって原作ファンなので、
(あー、あのシーンカットか・・・)
と感じることはどうしても何度かあった。
と言うか、何度も何度も原作をこれまで読み返してきたので、映像を観ながら、常に頭の中にインプットされている原作と比較していたように思う。
前後編や、深夜枠等で、原作をより忠実にまとめたものが観たかった、というのが正直なところだろうか。
絵や表現方法は、さすが、だったけれど。


しかし、約2年楽しみにしていたものに一旦一区切りついてしまい寂しい気持ちに襲われる。
また、年単位先の楽しみを見付けなければならない。
生きる糧、というやつだ。




夜遅くに帰宅後、下の階の方に、
(ごめんなさい)
と心の中で呟きながら、洗濯機を回した。
明日も予定があるので、許して欲しい。

f:id:saredosannbyou:20160918005335j:plain

そして、サラミをつまみに晩酌しつつ、聲の形を改めて読み、
(あああ。やっぱりいいなあ、このシーン)
なんて思ってから、3時頃眠りに就いたのだった。





☆☆☆☆☆
御訪問、そして、最後までお読み頂きありがとうございます!
今回の記事はいかがでしたでしょうか?
もし、今回の記事が少しでも、あなたの暇潰しや娯楽になったのなら嬉しいです。
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます