読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


付き合ってからの初顔合わせだった

9/21(水)
昨日しつこく降り注いでいた雨も、朝起きるとすっかり上がっていた。
そんな天気、そして、今日出勤すれば明日から秋分の日、夏季休暇、そして、土日と組み合わせて4連休という予定が私の気分を高揚させた。
連休は、兼ねてからの予定通り、実家のある北海道へ2泊3日で帰省する。



スポンサーリンク



昨日分の記事でお伝えした後輩に、
「では、お付き合いをしましょう」
という旨を伝えたのは、結果、LINEという、ロマンティックさに欠けるアイテムだった。
「返事をしたいからいつ会えるかな?」
などと対応するのが、返事を引っ張っているようで、いい年をして焦らしているような気がしてしまい、スピードを重視してしまったのがその所以なのだけれど、伝えた後で、
(いや、直接会ってこういうことは伝えるべきだろう)
と後悔した。
あとの祭りである。
こういう男性脳、というか、仕事脳は改善していきたい。


「北海道へ帰省前に会っておこうか」
そんなふうにして、本日仕事後に顔を合わせたのは、そんなわけで、交際開始から初、の試みだった。

f:id:saredosannbyou:20160921204610j:plain

これまで数度行っていつも個室に通されていた居酒屋わんが、連休前で混み合っていたのだろうけれど、大広間の掘りごたつ席に案内され、
(おお。今日に限って・・・)
と思ったのは内緒だ。
むこうはどう思ったか知らないけれど。

f:id:saredosannbyou:20160921210046j:plain
つくね


f:id:saredosannbyou:20160921210051j:plain
生春巻き。


しかし、彼とは以前の職場で出会ってから約6年経っており、付き合いましょう、となったからと言えど、話す内容や雰囲気が大幅に変わることは無かった。
これに関しては、お互いの照れ隠しゆえ、の結果とも言えるだろうか。

敢えて、幾つか変化を挙げるとするならば、店を出た後、目と鼻の先の駅の改札迄、
「じゃあ、手を繋ぎましょうか」
と言われたことと、改札を通過した後に、数歩歩いた私が、上半身だけ改札側に戻して、小さく手を振ったこと、くらいだろうか。
さてさて、今後どうなることやら。


☆☆☆☆☆
御訪問、そして、最後までお読み頂きありがとうございます!
今回の記事はいかがでしたでしょうか?
もし、今回の記事が少しでも、あなたの暇潰しや娯楽になったのなら嬉しいです。
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます