読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


彼氏に隠し事があったり

10/2(日)
「隠し事 彼氏 言う」
そんなキーワードでググるお休みの日曜日の午前中。



スポンサーリンク



付き合いましょうか、となって約2週間が経ったが、私には彼に言いたくないことがひとつあった。
そして、付き合うことを決めたときに、そのことは隠し通すつもりでいた。
けれど、騙しているような罪悪感、他の人からその件が漏れるのではないかという不安感が今朝ピークになって私を襲った。
その隠し事の内容だけれど、万一身バレした時が怖いので、私と彼の共通の知り合いと私が色々あった、という、申し訳ないけれど端的な表現に収めようと思う。あとは、想像にお任せしよう。
お相手に何かしら秘密事を抱えている方はそれを当てはめて読んで頂ければ幸いだ。



検索の結果、Yahoo!知恵袋で、
「自分の罪悪感を軽減させる為に、それを相手に背負わせるのはおかしい。罪悪感ごと背負いなさい」
といった意見が見受けられ、
(ああ、正論だなあ)
と思った。
しかし、思ったからと言って、その通り実行出来たら苦労しないのだ。

言うにしても、もっと関係を構築してからの方が、拒絶されないのではないか。
しかし、構築した後で、それを告白した結果、眉をひそめられてしまったらどうしたらいいのか。
そんなことを堂々巡りで考え、勝手に呼吸を速くさせて、これを独りよがりと言わずして、何をそう呼ぶのだろう。


考えた末、それを言うことにし、彼に連絡を取り、予定外に夕方会うことにした。
私のこの「隠し事」を知っている友人、知人は、きっと
「言う必要ないのに」
と声を揃えて言うのだろうなあ、と思いつつ。
しかし、良くも悪くも、いや今回の場合は、どう考えても「悪」なのだけれど、この馬鹿正直な性格は、それを言わない、という選択をさせてくれないのだ。
自分でも損な性格だとつくづく思う。

話をしたときに、彼は少し涙ぐんでいたように見えたが、結論、今後も引き続き付き合う、という方向で落ち着いた。



f:id:saredosannbyou:20161002212719j:plain
告白後、場所変えした居酒屋にて。

そして、居酒屋後、場所変えしたカフェにて、
「社会人カップルはどれくらいのペースで会ってるんだろうね」
なんて話をしたりして、解散した。



あまり人に話したくない事実を、自分に好意を持ってくれている人に伝える、というのは、なんだろうなあ。
いや、傷付いた側より傷付けた側のダメージが大きいような体でいてはいけないし、相手からすると、とんだとばっちりでしかなくて、申し訳ないとつくづく思う。
隠し事が得意、というと語弊があるかもしれないけれど、割り切れるタイプの方は、隠した方が無難だと思う。
今回のこの件が、今後どういう影響を及ぼすのか、及ぼさないかはわからないが。


☆☆☆☆☆
御訪問、そして、最後までお読み頂きありがとうございます!
今回の記事はいかがでしたでしょうか?
もし、今回の記事が少しでも、あなたの暇潰しや娯楽になったのなら嬉しいです。
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます