読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女の酒と肴、時々男

32歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


姉妹でパーティーをした金曜日

日常 料理

10/28(金)
父の上京が急遽中止になった為、今日の夕飯をどうするか、という問題への姉との結論付けは二転三転した。



スポンサーリンク



外食にしようか。
でも、行きたいお店の予約が取れなかったよ。
じゃあ、鍋パーティーをしようか。
いや、鍋じゃなくてやっぱり餃子パーティーにしようか。

そんなふうにして、餃子、でメニューは確定した。
仕事後、私の自宅最寄り駅のスーパーで、姉にLINEで遠隔操作をされながら材料をかごに入れていく。

(ごま油とオイターソース、確か残り少なったような・・・)

「念の為」に購入する材料も幾つかあって、結果的にかごは重みを着々と増していった。

「豆苗も買っておいて」
「ん?豆苗って何?てか、なんて読むの?」

三十路にして、豆苗(とうみょう)という野菜の存在と読み方を知った。


ちなみに、これが豆苗。


その後、姉と私の自宅で餃子作り。
私の手際の悪さ、包丁の切れ味の悪さ、フライパン&ホットプレートのフッ素加工の剥がれ具合等々を姉にぶーぶー文句を言われる。
会社でもプライベートでも、こんなふうにブーブー叱られることはここ最近ないぞ、と思いながら、右から左にそれを流す。
まあ、私も包丁は切れ味悪いかな、と薄々感じていたけれど、見て見ぬ振りをしてきわけで。
それが気のせいではなく、他者からもそういう評価を下されるレベルということがわかったので、これを機に近々買うことにしましょうか。
その辺のスーパーで買った1000円くらいの安物の包丁を7年以上使ったのだから、十分もとは取れたかと思う。


f:id:saredosannbyou:20161028225923j:plain

二人で包んだ餃子の山。

f:id:saredosannbyou:20161028230817j:plain

二人で作ったサラダ的なもの。


結果、23時頃餃子パーティーはスタートした。
この時間から油摂取か、とは思ったけれど、たまにはいいだろう。
明日多少顔がパンパンだとしても、姉妹だしお互い特に気にしないのだ。





☆☆☆☆☆
御訪問、そして、最後までお読み頂きありがとうございます!
今回の記事はいかがでしたでしょうか?
もし、今回の記事が少しでも、あなたの暇潰しや娯楽になったのなら嬉しいです。
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます