読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路女の酒と肴、時々男

32歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


婦人科へ結果を聞きに行ってきた

料理 日常

11/8(火)
「普通、2~3日で治らない?」
風邪を1週間以上ひいている私に、彼がそう言う。




スポンサーリンク




私は一度風邪をひくと、根治までに時間がかかる体質だ。
それを聞いて、え、世の中の人達は2~3日で治るの?と仰天し、いつものごとくgoogle先生に確認したところ、

f:id:saredosannbyou:20170103021005j:plain

(ほおら!別に2週間も特段珍しくないじゃん!)
と安心した。


・・・いや、本当は私だって短期間で治せるものならば、治したいのだけれど。



仕事後、約10日前に受けた、ホルモン、子宮頸がん、ついでにHIV、各々の検査結果を聞きにいく為に婦人科へ赴いた。

検査を受けたときの記事がこちら。
saredosannbyou.hatenadiary.jp




(大丈夫。大丈夫。)

そう言い聞かせ、祈りつつも、結果を聞くまではどうしても不安は拭えない。


診察室に呼ばれ、まず、
「子宮頸がんとHIVは陰性です。問題ありません」
さらっと、そう告げられる。
良かった、良かった。

そして、ホルモン検査について。
「女性ホルモンの数値が少し低めで、男性ホルモンが多めかなとは思いますけど、まあ、これなら排卵しそうだし、問題ないとは思うんですが・・・基礎体温表はつけ始めてますか?」
そういった内容のことを言われる。
はい、つけてます。
そう伝えると、それを継続して、来月半ば、それまでに生理が来たとしても来なかったとしても、また来院するように、そして、その時、基礎体温表を持ってくるように、そして、それによって今後の方針を決めましょうか、というような指示を受けた。


病院を出ると、パラパラッ。雨が降り出していた。
折り畳み傘は鞄に入っていたけれど、私はそれを取り出さず、駅まで歩くことにした。
今日は家用の眼鏡をつけてきてしまっていた。
「家用」と言っても、元は外用で買ったものを乱暴に扱うがゆえに、色々な箇所が緩くなった結果、家用にランク落ちしたに過ぎない。
ターミナル駅に入る頃に、その緩さゆえのずり落ちが無視できず、
(外して裸眼で歩いてみようかな)
そんな心持ちになった。
私の両目は各々0.1以下である。
歩くことは可能だけれど、標識や人の顔の判別が難しい。
数歩歩いて、
(知人に会ったらどうしよう)
という思いに襲われ、その試みは3分足らずで幕を閉じた。


f:id:saredosannbyou:20161108202912j:plain


夕飯は昨晩の白菜と豚肉の鍋の残り。
柚子胡椒トッピングは美味しい。
うどんと玉子を落としてものが〆。
一人雑飯は楽でうまい。



そう言えば、会社のビルのエレベーターホールにクリスマスツリーが飾られていたなあ。
そんなことを、ふと思い出す。

f:id:saredosannbyou:20161108175501j:plain

季節はどんどん巡る。
その巡りと共に、このしつこい風邪も、あと数日で治るだろう。ずびび。





☆☆☆☆☆
御訪問、そして、最後までお読み頂きありがとうございます!
今回の記事はいかがでしたでしょうか?
もし、今回の記事が少しでも、あなたの暇潰しや娯楽になったのなら嬉しいです。
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます