三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


三十路だからといって大人になったわけじゃない

2016/11/19(土)
数年間、独り身での生活を続けてきた自分としては、他者の心身の疲労度を一定の水準以上に共有する、という行為にはまだまだ慣れない感は否めない。
そもそも、それが苦手だからこその数年間独り身、だった気もするが。


スポンサーリンク



彼の仕事での疲労とストレスを理由に、元々今日会う予定が無しとなった。
「じゃあ、今日は会わずにゆっくりしようか」
と提案したのは私ではあるが、
「いや、会おうよ」
という返答を期待した上でのそれではあった。
三十路になったけれど、こういったエゴに支配されてしまう、つまりは我儘な性格は十代の、学生のころのままな自分に辟易はしつつ。

外は小降りな雨。
予定が無くなった私は、取り敢えず、洗濯、そして、昼寝。
流しに重ねられた洗い物は見て見ぬ振りだ。

外が暗くなる頃には雨は上がっていた。
予定が無くなったのだから、と飲みに出かけることにした。

f:id:saredosannbyou:20161119202648j:plain
お好み焼き的なメニュー。


ふぉと、「たまねぎのすき焼き風」的なメニューが目にとまる。
多少のお肉が入っているのを期待し、それをオーダー。

f:id:saredosannbyou:20161119212801j:plain
見事に玉ねぎオンリー。
甘味はなく、辛味が占めた玉ねぎ。
食べても食べたもただ辛いのだ。
結果、少し残す。
こんな選択ミスもたまにはある。

ハイボール3杯目に口を付けた頃、ふと気付けば、数名いた客達が、また一人、また一人とお会計を済ませ、店をあとにしていった。

(ああ、最後の客になるのは気まずいなあ)

そう思い、いつもよりもハイペースで残りのハイボールをシュワシュワと喉に通し、私もお会計を済ませたのだった。





☆☆☆☆☆
御訪問、そして、最後までお読み頂きありがとうございます!
今回の記事はいかがでしたでしょうか?
もし、今回の記事が少しでも、あなたの暇潰しや娯楽になったのなら嬉しいです。
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます