三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


金子みすゞさんに助けを乞う

2016年12月12日(月)

わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面(じべた)をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんのうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。


わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集

わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集



スポンサーリンク




家族、恋人、というのは「程よい距離感」を取るのが他の関係性と比較すると、より難しいのではないか、と感じる。
(なんでこうしてくれないのか)
(なんでこんなことをするのか)
そんな自己の欲求をぶつけてしまいがちなのだ。

S氏は私が約3年前に退職した会社の後輩だ。
彼はまだそこに勤めている。
私は辞めただけあり、その会社のことを良く思っていない。
考えようによっては悪い会社ではないかもしれないが、自分のパートナーが働く会社、となると話は別だ。
本当はとっとと辞めてほしい。それが本音であった。
付き合う際に、
「いずれは辞めるつもりだ」
というそんな不確かな言質は取っていたし、先日社長とひともめあったという話も聞いていたので、ここ暫くは、より転職が、少なくとも私の中では現実味を増していた。


f:id:saredosannbyou:20161212204441j:plain


しかし、本日S氏との夕食で、どうやら当面(その当面が数か月、なのか数年なのかもわからないが)は、彼はああだこうだと文句を言いながらも、会社を辞めないようだ、ということを悟った。
私は今32歳である。
若い頃の2~3年を重みが異なる。
3年前に縁を切ったはずの会社と、もしかすると、この先の未来もずっと繋がりがあるかもしれない、という未来を想像することは、私を簡単に意気消沈させる効果を持っていた。

他人は他人。
自分は自分だ。
他人の人生は他人の人生だ。
他者の人生に憑依してはいけないし、支配しようとしてはいけない。
もちろんそれが家族であっても、恋人であってもだ。
皆違って、皆いい。
金子みすゞさんの詩を心の中で何度も繰り返し、気持ちを落ち着かせるしかない。今は。





☆☆☆☆☆
御訪問、そして、最後までお読み頂きありがとうございます!
今回の記事はいかがでしたでしょうか?
もし、今回の記事が少しでも、あなたの暇潰しや娯楽になったのなら嬉しいです。
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます