三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


兄に引っ越し先の保証人を依頼する

2016年12月22日(木)
お米は朝炊けばいいや。

睡魔に襲われた私は昨晩そう思って、眠りについた。
けれど、朝方もその睡魔は去って行かず、結果、慌てて茹でたパスタに残り物の冷凍カレーを乱暴にかけたものをお弁当として持参した。

思春期にこんなお弁当を持たされたら怒ってるなあ。

無事思春期は過ぎ去り、今は自らそんなお弁当を生産する三十路となった。



スポンサーリンク





私には五歳上の兄がいて、彼は今名古屋で働いている。
帰省時期もかぶらないので、最後に会ったのはかれこれ3年以上前かもしれない。
お互い滅多に連絡も取らないのだが、先日私から珍しくLINEを送った。
目的は、引っ越しにあたり、保証人を兄に頼むためであった。
定年を迎えた親が保証人でも問題ないと不動産屋さんには言われていたのだが、親に頼めない事情が、私にはあるのだ。


兄からすれば、
(何か頼むときだけ連絡してきやがって)
と思ったことだろう。
しかし、文面から憮然とした雰囲気が伝わってくるLINEを送ってくるけれど、なんだかんだ(印鑑証明書の発送など)対応してくれる兄には感謝である。


f:id:saredosannbyou:20161222213401j:plain


夕飯は、カレーの残り、スーパーで買ったたこ焼きなど。



☆☆☆☆☆
一人暮らしブログランキング参加中ですにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村クリック頂けると励みになります!


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます