三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


聖なる夜に思うこと

2016年12月24日(土) クリスマスイブ

天皇誕生日の金曜日と土日が綺麗に横並びになった。
その三連休の中日が今年のクリスマスである。
クリスマスが平日ならば、「忙しい年末の中の一日」を言い訳に、看過することも可能だが、今年はそうもしにくい暦と言える。
「どこかにご飯を食べに行こう」
というS氏に促され、外食に行く予定となっていたけれど、ここ数日、S氏に胃腸炎疑惑が発生。
場合によっては中止の可能性も当日の体調によってはあり得たが、なんとか決行、ということになった。




スポンサーリンク




さて、なんだかんだ言っても、折角の聖夜だ。
実は、着ていく服をあれこれと悩んだりもした。
(あのワンピースでいいか)
と目星をつけていた洋服に袖を通した際、想像していた自分と現実にギャップがあり、結局別の、いつもと然程変わらない洋服に着替え直した。



17時半、新宿駅にて待ち合わせをし、店へと向かった。

f:id:saredosannbyou:20161224175215j:plain


f:id:saredosannbyou:20161224175928j:plain

店内にはきらびやかな色をした魚達が泳ぐ大きな水槽が設置されており、既に入店済みの数組のカップルが席につき談笑をしているのが伺えた。
こういったイベントに紛れ込むことへの免疫力が落ちていて、気恥ずかしさを感じずにはいられなかった。


f:id:saredosannbyou:20161224185218j:plain


f:id:saredosannbyou:20161224190642j:plain


f:id:saredosannbyou:20161224192803j:plain



食事を進め、その終盤、プレゼントを交換した。
私は、先日ネットで購入した名前入りのボールペンを贈り、そして、S氏からはアクセサリーを受け取った。

食事を終え、店を出ると、聖夜は残り三時間以上残されていた。
が、S氏は胃腸炎気味の為、大事を取って健全にその時間に解散することにしたのだった。
若い頃なら、ふてくされていたかもしれないな。

しかし、ここ数年、付き合いのあった男性陣は、お金がないとか、甲斐性がないとか、人道をはずれているとか、所謂、世間で言うところのロクデナシが多かった。つまりは、私がだめんずウォーカーだった、という情けないお話なのだが。
けれど、早め解散にはなったものの、クリスマスだからご飯を食べに行きましょうと言い、そして、プレゼントをきちんと用意してくれたS氏は、とてもまともで、ちゃんとした男性だなあと、改めてそう思ったのだった。





f:id:saredosannbyou:20161224213249j:plain

食べ足りなかった私が、解散後、セブンで購入したケーキ(約1600円)。




☆☆☆☆☆

下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます