三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


ここ数年、毎年食べてた恵方巻

2017年2月3日(金) 節分


社内での同僚の悪口について

終業後、更衣室で普段そんなに遭遇しない別部署の方と一緒になった。
私の会社は主に三路線の利用が可能な立地で、
「私、◯◯駅なんです」
と伝えると、その方も同様だった。
そこまで親しくない会社の人と、約10分、しかも、 終業後に御一緒する、というのはなるべくなら避けたいけれど(恐らくお互い)、別行動を提案する勇気はなく、駅まで肩を並べることとなった。
その方と業務外でお話するのは初回だったけれど、人の悪口が多い、という印象を今回与えられた。
社内の複数人のことをネガティブな単語で表していて、下手に彼女に私の情報を与えると
「佐藤さんがこういうことを言っていた」
と別の誰かに流されるだろうことは容易に想像できた。
まともに話すのが初回の、そんな間柄の私にすらそういう話題を選ぶ、というのは自分の評価を下げるだけなのになあ、とぼんやりと思った。
私は、会社の愚痴や同僚の悪口は、社外の、私の会社と無関係な友人に話す、とここ数年は決めている。
軽はずみな発言が後々敵を作ることもある、それが社会だということを痛い目にあったりしながら私は学んできたのだ。



 スポンサーリンク


ここ数年、毎年食べてた恵方巻


f:id:saredosannbyou:20170203222815j:plain
帰宅後、クックパッドで、「簡単」と謳っていたレシピを参考にして作った麻婆豆腐。
簡単なだけに、本格的な味からは程遠いマイルドな代物になった。
次回は別のレシピを参考にしようと思う。


さて、今日は節分である。
恵方巻を一緒に食べようよ」

そうS氏から言われていたので、夕飯は麻婆豆腐、そして、夜食は恵方巻、と思い描いていた。
しかし、夜遅くまで残業していた彼が
「もう遅いし、風邪気味だし、夕飯ももう食べたなら今日は真直ぐ帰るよ」
と連絡をよこしてきて、実現に至らなかった。

「いや、夜食で食べるよ!」

とか、

「えー、約束は守ろうよ~」


という台詞は、考えた末飲み込むこととした。

毎年食べてたのになあ・・・帰りにセブンで買ってくれば良かったと後悔。
来年は、一人でも二人でも、どういう状況でも食べることにしよう。
そうここに記しておく。

 

☆☆☆☆☆

一人暮らしブログランキング参加中です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村読了後、是非クリックお願いします!励みになります!



スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます