三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


あまり責めすぎても嫌われるしな

2017年2月16日(木)

「セブンのごまドレッシングを買ってきて」

そうS氏にお願いした。
その言葉にこそ、ちょっとした罰的要素が回しかけられている。


スポンサーリンク




「飲み会が終わったら家に寄るかも」
そんなことを昨日匂わせていたS氏だが、結局宴途中で抜けられず、終電での帰宅となった為、彼が私の家の玄関のドアを開けることはなかった。
そう。こういったことがS氏は比較的多いのだ。

約束を守る、有言実行。
座右の銘や信念と言えば語弊があるように思うけれど、それに近い位置づけで、私はそれらを隠し持っている気もする。
守れない約束はしない主義の私としては(勿論体調不良等のやむを得ない事情での破棄はいた仕方ないが)、自分の言動に責任を持てない人のことを、だらしないなあ、とどうしても感じてしまう。
小さな約束を守れない人が、大きい約束を守れるのだろうか、と不信感を覚えてしまうのだ。
そんな前日の件に関する不満をS氏に伝えたところ、今日は仕事後、夜更けにやってきた、というわけだ。

「セブンで胡麻ドレッシングなくて、店員さんに言ったら売り切れてた」

らしく、ローソンで買ってきたそれを渡された。
セブンに絶対的こだわりがあるわけではない。有難く受け取った。



f:id:saredosannbyou:20170216203941j:plain
夕飯。
豚肉もやし、などなど。


f:id:saredosannbyou:20170216234650j:plain
S氏に渡したバレンタインチョコは、私の部屋で保管し、定期的に二人で食べることにした。
目論み通りである。
一人の時もこっそり頂くとしよう。



しかし、自分自身がそうであっても、それを他者にどれほど求めて良いものか、人間関係はそれが中々難しい。
時と場合によっては軋轢が生じてしまう。
つまりは、責めすぎても嫌われる、ということなのだ。




ブログランキング参加中です。
読了後、バナーをクリック頂けると更新の励みになります!m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます