三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


33歳の3月3日、雛祭り

2017年3月3日(金) 雛祭り


多分書いたことがあるとは思うけれど、イベント事に疎い実家なのに、雛祭りに関しては母がそれなりの取組を見せてくれていた。
その理由のひとつとして、もう亡くなってしまったけれど母方の祖父が、恐らく数十万円すると思われる雛人形を買ってくれていたことが挙げられると思う。


スポンサーリンク




ある程度の年齢になるまで、その雛壇の前で姉妹で毎年写真を撮られるというのが恒例行事だった。
ガラケーにもスマホにもカメラ機能が付いていて、どこかしこでも簡単にパシャパシャ写真を撮る現代と異なり、昔は写真撮影はそれ自体がひとつのイベントに成り得たように思う。


そんな経緯もあってか、今日の仕事後、折角の雛祭りだしなあ、と直帰することに抵抗があった。
そう、私にとって雛祭は無視しがたいイベントなので、景気づけに久々の一人飲みに繰り出すことにした。

f:id:saredosannbyou:20170303185702j:plain
刺身、とり天、ハイボール
星野源のエッセイをお供に一時間ほど居座りお会計。1250円。


家路のセブンへ立ち寄り、デザートコーナーに目をやる。
桜餅があれば買うつもりだったけれど、棚数段の中にそれを見付けることは出来なかった。


けれど、雛祭りだ。豪華に過ごしたい。
私はアイス、塩大福、エクレアをかごに入れた。
カロリーのことは今日は考えない。
そう、折角の雛祭なのだから。

f:id:saredosannbyou:20170303202540j:plain



ブログランキング参加中です。
読了後、バナーをクリック頂けると更新の励みになります!m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます