三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


温野菜でのサプライズ

2017年3月31日(金)

「お先に失礼します」

終業時刻を迎え、フロアにいる数名にそう挨拶をした矢先、上司に呼び止められた。
訝しんだ気持ちを読み取られないよう近づくと、週明けから入社する新人さんのフォロー、仕事の引き継ぎ等を依頼された。
それに対し、
(随分とギリギリに言ってくるなあ)
という気持ちを抑えるのは難しかった。

先日から私の所属する部署が某大手サイトに求人を出し、採用活動をしていたこと、そして、どうやら誰かしらに内定を出したらしいことは、役席が話している雰囲気から何となくではあるけれど認識していたし、区切りのいいところできっと4月から入社なのだろうということ、その人に私の今までの担当業務を引き継ぎ、私は先月異動になった人がやっていた仕事に取り組むことになるだろうことも予想はしていた。
けれど、フォローを依頼する当の本人への、正式な情報解禁が、新入社員を迎える前の週の、金曜日の終業直後、というのはどうなのだろうと思った。
けれど、
「随分とギリギリですね」
そんなことはとはもちろん言えない。
まあ、早目に情報が解禁されていれば、円滑に指導を進められるような書類の一枚でも作ったのか、と仮に問われれば、首肯もしにくいし、引き受ける以外の選択肢がないのも事実。
取り敢えず、現実を咀嚼し、飲み込むことに努めることも会社員の給与に入っていると思うしかない。

現部署では、仕事が良くも悪くも詰め込み方式とは程遠い、余裕を持った割り振りがなされている。
そんな環境での約一年二ヶ月で私が習得したことはきっとそんなに多くはない。
そんな人間が教えられることは限られているだろうけれど、出来る範囲で週明けからやっていくしかないだろう。




スポンサーリンク



退勤後、池袋へと向かい、友人と合流。
目的地は、しゃぶしゃぶ温野菜だ。

www.onyasai.com

温野菜にやって来たのは、恐らく今回が初めてだった。

f:id:saredosannbyou:20170822170535j:plain
キムチと豆乳スープ。


f:id:saredosannbyou:20170822170524j:plain
つみれを鍋に入れる私。


宴途中、友人がおもむろに包みを渡してきた。
1か月半前に誕生日を迎えた私へのプレゼントなのだと言う。
承諾を得て、袋を開けると、その中にはブックカバーとメッセージカードが入っていた。
お互いの誕生日に、LINEスタンプをプレゼントし合っていたので、それで完結したつもりでいた私は、想定外のその贈り物に驚き、そして、歓喜した。

愉快だったのは、添えられたメッセージカードの一行目、私の名前の漢字が間違えていたので、
「ちょ!間違ってるよ!笑」
とすかさず突っ込むと、
「あ、素で間違えました!書き直します笑」
と彼女はその場で、誤字を×で消して、その上のスペースに正しい字を書き足し、そして、また私にメッセージを送ったことだった。
私の為に、時間とお金を割いてくれて、いや、ありがたい。


そのブックカバーは、プレゼント包装されていたにも関わらず、店員さんの凡ミスで値札シールが貼り付けられたままだったけれど、それに関してはさすがに無粋だろうと突っ込まず、彼女にも見えないようにした。
いや、ありがたい。



ブログランキング参加中です。
読了後、バナーをクリックしてランキングアップに御協力頂けると更新の励みになります!m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます