三十路女の酒と肴、時々男

34歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


失敗したなあ

2017年8月30日(水)

失敗した。
偶然、帰りの更衣室で一緒になった別部署の女性にある話題を振ったのが事の始まり。
それは稟議書で見知ったことで、それに関わる中心人物は彼女だったので、何の気なしに、当の本人の彼女にそれについての話題を振ったのだ。
すると、え、誰に聞いたんですか、○○さんですか、私それについて周りに言わないように上から言われてるんですけど、と矢継ぎ早に質問されてしまった。




スポンサーリンク


予想外の反応に困惑しつつ、私は書類で知った旨を伝えた。
すると、そうなんですね、と彼女の心に一旦ついたであろう火を鎮火させることが出来た(多分)。
けれど、やはり仕事は仕事であって、担当業務を通じて知ったことを、対本人ならいいか、という軽い気持ちで話題に出すのはまずかったなあ、と後悔した。
そして、次に、
「佐藤さんからこういう話題を振られた」
という情報が彼女から彼女の部署の誰かに伝わり、私の評価が下がるきっかけになるのではないかという不安に駆られ始めた。
それは筆に浸した墨汁が、自分の意に反して半紙の上に滴り落ちて、黒い染みがじわじわと広がっていくような不快感であって、それと同時にそんなことに拘る自分への自己嫌悪も発生するのだから、なんとも自分は器が小さい人間だなあと感じざるを得ないのだった。
過去の経験から察するに、一晩か二晩分の睡眠による記憶の再構築を図らねば、この落ち込みはきっと改善されないだろう。


f:id:saredosannbyou:20180313124753j:plain


夕飯。
うどん二玉。


ご訪問ありがとうございます!
バナーをクリックして、ブログランキングアップに御協力お願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます