三十路女の酒と肴、時々男

34歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


会社の人との会話の話題選び

2017年9月2日(土)出勤日

会社の目と鼻の先に、中々有名らしい飲食店がある。
私は平日はお弁当持参なので行ったことはないけれど、ランチタイムにその店前を通る時は行列が出来ているのをいつも目にする。
今日も、
(土曜日のオフィス街なのに大したものだなあ)
と、その行列に目をやって、店にも、それに並ぶ人にも、感心したのだった。


スポンサーリンク


いつもはお弁当だけれど、土曜日の出勤の今日は、隣の部署のKさんと外でお昼を取ることにした。
場所は、冒頭の人気店、ではなく、その近くの中華料理店。


f:id:saredosannbyou:20180315130129j:plain


本日のランチ定食の油淋鶏定食を注文。


今の会社での私の普段のコミュニケーション量は必要最低限なので、会社の情報、噂話も耳に入ってくることもそれに比例して必要最小限。
噂話は無駄な感情を生み出すきっかけになり得るので、仕入れたり、逆に提供することにも積極的ではないのだ。
まあ、そう言っていられるのも、今の会社での対人関係が平和であって、情報弱者が何らかの形で虐げられたり、吊し上げられるようなことがないことが大きい。

そんな思考を持ちつつも、

(ほう、うちの会社はそういう会社なのか)

と、入社して一年半経ってから初めて知ることが、ランチ中にKさんの口から色々と出てき、知らないより知っていて良かったなあと思ったのも事実。

対して、自分が発信源となる話題選びには悩まされる。
私が何気なく発する、例えば、私の所属部署内の出来事が、曲解された形で伝言ゲームされていき(Kさんのことは信用しているけれど)、巡り巡って自分の評価が下がることに繋がるかもしれないことに、私はどうしても怯える質なのだ。

***

部屋で常温保存していた食パンが、気付けば賞味期限が三日過ぎていた。
それをいざ食べようと透明な袋から取り出すと、内一枚の真ん中に、BB弾くらいの大きさの灰色がかった緑色のカビがぽっちりと生えているのを見付けた。
そこだけむしって食べてしまおうか、そう脳裏に浮かんだけれど、いやいや、体に害がない可能性の方がきっと高いけれど、そのあと数時間、お腹大丈夫かな、痛くならないかなと、不安に思うことは私の性格上確実である。
一枚あたり約20円のそれを廃棄する方が得策だろうと考え直し、食パン、食べてあげなくて、ごめんと謝ったのだった。




ご訪問ありがとうございます!
バナーをクリックして、ブログランキングアップに御協力お願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます