三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


無頓着ゆえの出費

2017年9月6日(水)

携帯を持ち始めて、早15年強。
特別こだわりがあるわけではない、ただの思考停止がゆえんで、その間ずっと契約携帯会社はau


スポンサーリンク


ここ数年、携帯料金は毎月七千円台くらい。
安くはない自覚はあったものの、その現状を打破する行動を取るのが億劫で、見るでもなく、見ないでもなく、を長年続けていた。

けれど、今年から家計簿をつけだしたことが良いきっかけで、固定費を少しでも削りたいという思いが強くなり、話題の格安SIM携帯に興味を持ち始めていたのが2~3ヵ月くらい前の話。
と、そのタイミングで、auが使用通信料毎で値段を段階分けする「ピタットプラン」という新プランを打ち出すと言うではないか。
「一月1GB以下の通信料なら1980円」という低価格を大々的に謳ったキャッチコピーは私に中々のインパクトを与えた。
家に置きっぱなしのWi-Fiを常に持ち歩けば、通信料を1GB以下に抑えることは可能だろうし、ものは試しだとプラン変更をしたのが先月の話。

そうして、家を出るときの私の三種の神器が、

スマホ
・定期券
Wi-Fi

になって、早一ヶ月。
今日は8月の携帯料金の確定日だった。
満を持して、昼休みにネットから確認した請求金額は4千円台だった。
これまでよりも、3千円以上も安くなったものの、期待値がそれよりも大きかった私は

(あれ?もっと安くならないの?)

と拍子抜けしてしまった。

今更ながら改めて調べてみると、CMで、「1980円」と謳っていたのは、「新規or機種変更した人(一年間限定)」が対象の話だったよう。
その対象外の私の場合は、最安値で2980円からのスタート、そして、それにオプション、サービスを二つほど付けていたこともあって、今回の4千円台という結果になったらしかった。
もっと安くしたい(とは言え、SIM携帯は面倒という思いは拭えない)。
取り敢えず、数年間つけっぱなしにしていたサービスのひとつ、auスマートパス(月額税込401円)は近々解約することに決めた。
ほぼ利用していないのに、何10ヶ月も払い続けたということは、つまり、数万円を無駄にauに支払ったということなんだなあ。
ああ勿体ない。


f:id:saredosannbyou:20180320124330j:plain


夕飯はトースト二枚という手抜き具合。


ご訪問ありがとうございます!
バナーをクリックして、ブログランキングアップに御協力お願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます