三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


100歳を迎えた祖母

2017年9月25日(月)夏期休暇

実家帰省最終日。
昼、母と二人で、地元では中々有名なお蕎麦屋さん、竹老園へ行くことにした。
父親がその前にランチ代として3000円をくれた。



スポンサーリンク



私の学生時代、親の節制は凄まじいものがあったので、外食に行くとか、臨時のお小遣いをくれる、とかは全くと言って良いほどなかった。
独立し、年一回ペースで帰省するようになってから、特にここ数年は、何かと至れり尽くせり、ちやほやしてもらっている。




f:id:saredosannbyou:20180603232843j:plain

天ざるとかしわ抜き。



***


父方の祖母は去年の帰省の際は老人ホームに入居していたのだけれど、骨折をし、今は入院していると言うことだった。
食後、家族三人でお見舞いへ。
祖母は先月百歳を迎え、安倍首相の署名入りの、それを称える賞状が病室の壁に飾られていた。
去年会った時は会話、意思疏通が出来た祖母も、今回は体の自由がきかず寝たきり。

老人ホームに入居する前から、祖母とは
車で15分ほどの距離を跨ぎ、別々に暮らしていた。
そのことについて、昔は全く疑問に感じていなかったけれど、この年になると、父親の兄弟や、私の両親、そして、祖母の間で、同居云々についての話、確執なんかが多少はあったのかもしれない、と想像してしまう。

学生時代、祖母とは定期的には顔を合わせていたけれど、親しいとは言いにくい関係性だった。
今日、寝たきりの祖母に、どんな声を言葉かけていいものかわからず、その空間に気まずさを感じてしまった。
一般論として、私はきっと冷たい人間なのかもしれない。


***

20時頃の便で、再びコンクリートジャングル東京へ戻ってきた。
実家と東京の私の家は時間にして5時間弱だった。
日本は狭いなあ。




f:id:saredosannbyou:20180603232934j:plain


たまの帰省も良いけれど、東京の部屋での一人晩酌に、ついぞほっとする自分もいた。



ご訪問ありがとうございます!
バナーをクリックして、ブログランキングアップに御協力お願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます