三十路女の酒と肴、時々男

34歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


目上の人は尊敬はしたいけれど

2017年10月10日(火)

役員の男性(60代)が、私の所属フロアにやってきた際に、私達の仕事を
「こんな仕事」
呼ばわりする一幕があった。
世間話みたいに、当たり前のように、さらっとそう言ってのけた。
きっと悪気もなかったのだと思う。
悪気がない方がたちが悪い。
フロア全体が、言葉には出さないもののやるせない気持ちになったと思う。

上に立つ人間が、下にいる者の士気を下げてどうするのだ。
この老害め…早く引退しろと、ついぞ呪った。



スポンサーリンク




スーパーで購入した鮭が、開封されぬまま冷蔵庫の中で賞味期限を迎えていることは、認識していた。

私の自宅での固定位置は、黒い二人用ソファーの左側である。
そこに腰を一度下ろすと、お尻がそこにぺたっとくっついて、引き剥がすことに苦戦してしまう。
その傾向と対策として、今日は帰宅後、荷物を床に下ろし、冷蔵庫を開け、2切れの鮭を取り出し、グリルに入れる、という一連の動作をいっきに消化した。

その鮭は2切れともほぐし、明日以降のお弁当のおかずに、と考えていたけれど、焼けた頃合いで、グリルを引き開けると、鮭のオレンジ色の身の表面に、じゅわじゅわっ、と脂が泡となってうごめいており、その光景に食欲が否応がなくそそられてしまった。
結局、1切れは今日の晩酌のつまみへと出番を変えたのだった。


f:id:saredosannbyou:20180620214206j:plain



ご訪問ありがとうございます!
バナーをクリックして、ブログランキングアップに御協力お願いしますm(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます