三十路女の酒と肴、時々男

34歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


池袋の定番デート

2017年11月4日(土)

f:id:saredosannbyou:20180705233034j:plain
目白庭園にて、S氏と暫し鯉を眺めてから、徒歩で池袋へ移動。


f:id:saredosannbyou:20180705233100j:plain
池袋東口マックのベーコンレタスバーガー。


スポンサーリンク



ここ数か月、スマホの手帳型ケースをぱこっと開いた片側に、定期券等の高頻度で使うであろうカード類を収納している人達に羨望の眼差しを向けていた。
私の丸裸のスマホにもそれを着せたいと意気込んで、私はヤマダ電機、そして、ビックカメラへ足を運んだ。
けれど、私の使用機種はアイフォンではなく、アンドロイドということに加え、店員さん曰く「6世代前くらい」のエクスぺリア。
その機種専用のケースの店頭販売は0に等しく、汎用型ケースを選ばざるを得なかったという事実に直面する。
そうなると、店頭に並ぶ色鮮やかなデザインのケースの大半がごそっとふるい落とされてしまって、どうにか残ったものの中から、今度は自分が気に入るものを見付けるのは容易ではなかった。
これならいいかと思えたものを試着してみても(ケースに梱包されたものでも、店員さんに声掛けすると試着可能だった)、装着用のクリップが電源ボタンが押しにくくさせる等の致命的欠陥があったりし、結局なしのつぶてで、両店を後にすることとなった。


***

池袋のサンシャインの中にあるプラネタリウム満天へ行くことにした。

プラネタリウム“満天”in 池袋サンシャインシティ | コニカミノルタ - プラネタリウム


10年以上前にそこは訪れたということは覚えているものの、その内容や出来事についての思い出は皆無に等しい。


その日やっている複数の企画の中から、私達はバンドのGLAYとのコラボ企画のプラネタリウムを観ることにした。
特別彼らのファンというわけではないけれど、特に私は世代であるし((中学の卒業式の退場曲はHOWEVER)、同じ北海道出身であるし、とそんな理由からである。

その開演まで半端な隙間時間に足を伸ばしたロフトにて、ひとつの邂逅があった。
何の気なしに通過しようとした一角にスマホケースコーナーがあったのである。
今日、所謂専門店2軒では私の眼鏡にかなうケースがなかったのに、ロフトにそれがあるだろうか、いや、ないだろう。
見付けたいような、不思議と見付けたくないような不思議な感覚を胸に、私はそのコーナーの前で足を止めた。
すると、紺地にストライプのデザインの、中々可愛らしいものがあるではないか。
店員さんに声をかけると、ヤマダ電機同様、ケースを開け試着させてくれるという。
スマホを取り出し、それにあてがってみた。
スマホ側面の電源ボタンが押しにくいということもなく、中々いい感じだった。
こうして、私のスマホケースを探す旅は、幕を閉じたのである。



f:id:saredosannbyou:20180705233307j:plain
改めて、満天へ。



♪幾千の出会い別れすべてこの星で生まれて~(HOWEVER)

♪サンシャイン~(春を愛する人


プラネタリウム満天では、場面に合わせて、GLAYの、宇宙や星を連想させ得る歌詞が含まれたヒット曲が幾つも流れた。
世代過ぎてくすぐったいような気恥ずかしさがそこにはあった。

そして、ナレーションは俳優の大谷亮平さんだったのだけれど(私としては彼はイケメンであるが、演技はへ・・・上手くはないと思っている)、彼の
「宇宙からすると我々の悩みなどちっぽけに感じる」
「日本、太平洋、地球、銀河系・・・」
等々の台詞回しが私としてはツボにはまり、彼への揶揄の気持ちを含めつつ、その後のS氏との会話にそれらを入れ込み、ケラケラと笑った。



f:id:saredosannbyou:20180705233435j:plain

夕飯。
しゃぶしゃぶ食べ放題。

f:id:saredosannbyou:20180705233746j:plain
ソフトクリームinメロンソーダ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村ブログランキング参加中です!クリックしてランキングアップに御協力お願い致します!


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます