三十路女の酒と肴、時々男

34歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


古い食材の行方

2017年11月9日(木)

月一の某ミーティングでの、私の所在の無さは相変わらずである。
唯一のメリットは出席時に500mlペットボトルの緑茶がもらえるところ。


スポンサーリンク



夕飯はカレーうどんを作ることにした。
うどんのつゆはいつも、軽量カップで大体300ml分作る。

「かけうどんはめんつゆ1に対し水5」
というめんつゆのラベルの表記に素直に従い、めんつゆ50ml、水は250mでブレンドする。
ここは算数が役立つことを実感する生活の一場面である。


私の長ネギの使用ペースを考慮すると、2本入りのものは持て余してしまう可能性がとても高い。
多少割高でも、1本だけ欲しい。
そう強く思っていても、近所のスーパーは私の気持ちなどどこ吹く風で、2本入りしか置いていない、1人暮らし世帯に冷たい傾向にある。

そんなわけで、冷蔵庫の片隅に鎮座している長ネギの一部分は、暫く前に買った2本入りの2本目であった。
その「暫く前」が正確にいつであるのか判然とせず、カレーうどんの薬味として使っていい代物であるのか確証が得られない。
たった数10円を惜しんで腹痛に襲われる可能性を選ぶことが賢明と言えるのか、いや、それは過度の危機管理思考じゃないのか、まだ食べられるものを廃棄するのか、と脳内会議を繰り広げた。
そんな逡巡の末、私は、ええい!とそれを小口切りにし、うどんの上にぱらりと乗せた。
勇気ある行動である。



f:id:saredosannbyou:20180709012406j:plain
完成品。
とろみを付けた分、汁が気持ち少な目になってしまった。
カレーうどんの場合、次から50ml程大目でつゆを作るとしよう(メモ)。
長ネギもどうやら腐ってはおらず、無事全て平らげることができた。
その長ネギがトリガーになったのだろう。不意にある記憶が呼び起された。


((((じゃがいも・・・)))



キッチン下収納の、長ネギの比ではないくらい前に購入したじゃがいもの存在の記憶である。
最後にその姿を確認したのはいつであったか・・・よもや液状化などしていないだろうか。
私は恐る恐る収納の扉を開いた。



f:id:saredosannbyou:20180709012641j:plain



!!!!



芽!!!伸び過ぎ!!!!怖い!!!!
芽を切ればきっとまだ食べられる。
いっそのことプランターに植えて、育てるという選択もある。


脳内会議の結論は、廃棄、であった。
合掌。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村ブログランキング参加中です!クリックしてランキングアップに御協力お願い致します!


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます