三十路女の酒と肴、時々男

34歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


クリスマスの予定をつらつらと

2017年12月10日(日)

日は西にすっかり傾いていたけれど、このままずっと部屋にいるのも気が滅入るよ、というようなことを私が言い、お互いの定期範囲内の駅のカフェで御茶でもしようということになった。

スポンサーリンク



誰しもがそうかもしれないけれど、自分の視界に入ってきた異性を、それがぼんやりとした残像であったとしても、無意識に評価付けし、時に、イケメンセンサーが発動するときがある。
そのセンサーの正誤確認の為、その異性を自分としては「チラ見」すると、S氏に突っ込まれることこれまで複数回である。
「また見てたでしょ」
今日で何回目だったろう。


f:id:saredosannbyou:20180804145425j:plain


***

昨年のクリスマスは新宿のこじゃれた店に御飯を食べに行った。
S氏が胃腸炎疑惑の為、ご飯を食べて早々解散となったのもいい思い出である。
さて、今年はどうしようかという相談の結果、ケーキや食べ物は買って家でのんびりと過ごそうという結論に至った。
そんなわけで、カフェを後にして、私達が向かった先は、そこからほど近いケンタッキーとコージーコーナーだった。
今年のクリスマス周辺のカレンダーは、

12/23(土)
12/24(日)
12/25(月)

となっていた。
翌日の月曜日のことを頭の片隅に置きながらイブにパーティーをしても、平日仕事の会社員の宿命ではあるが、はしゃぎにくさは否めないだろう。
25日はクリスマスと言えど、所詮、忙しい年末の平日である。
より羽を伸ばす為に、私達はケーキとチキンの受取予約日を23(土)の日中に指定することで落ち着いた。


f:id:saredosannbyou:20180804144212j:plain



夕刻、近所のお好み焼き店に入るも満席と告げられた為、家カレー。

こんなふうに、週末にS氏と過ごすことが多いけれど、S氏は週明け月曜日は朝が早いということもあり、遅くても20時頃には大抵帰宅する。
とkろが、今日は22時自覚になっても、悠々と私の家のソファーに腰かけており、違和感を覚える。

結局、あっちが言った気になっているのか、私が聞いたのを忘れたのか、明日S氏は振休で、泊まって行く気満々でいた、という顛末だった。
「コイツ、中々帰らないなあと思ってたの?」
ははは、平和だなあ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村ブログランキング参加中です!クリックしてランキングアップに御協力お願い致します!


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます