三十路女の酒と肴、時々男

34歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


いくらが食べたい

2017年12月12日(火)


漫画で読んだ「すじこを解体し、いくらにする」という手法を一度試してみたいと思うのは道産子の性であろうか。
解体アイテムとして便利らしい泡だて器を100円ローソンで買い、すじこを求めて近所の業務用スーパーへと足を運んだ。



スポンサーリンク



しかし、驚いたのは、解体後の姿であるいくらが想像を超えた御奉仕価格で販売されており、すじこの値段と然程変わらなかったことである。
それなのにわざわざすじこを買うメリットが私にあるだろうか。
いや、ない。
冒頭の「一度試してみたい」という思いはこうしてあっけなく霧散した。
泡だて器は本来の使用用法でいつか日の目を見る日がくるだろう。



f:id:saredosannbyou:20180804144638j:plain



いくら丼。キャベツと卵のお味噌汁をお供に。
お味噌汁の具に溶き卵はは子供時代から好き。

上手くやれば丼飯2杯は食べれそうな量が入ったパックが400円強だったので、
(あまり美味しくはないのだろうなあ)
とハードルをかなり下げた上で食したいくら丼は、その想像を見事凌駕し、満足の行く味わいだった。
一旦ハードルを下げたこともあり、感動もひとしおだった。



にほんブログ村

ブログランキング参加中です!クリックしてランキングアップに御協力お願い致します!


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます