三十路女の酒と肴、時々男

34歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


新年早々のヘルペスの治し方

2018年1月2日(火)正月休み

昼過ぎ起床。
実家の母がそうしていたことにならって、大晦日の年越しそばのつゆの残りでお雑煮を作る。

f:id:saredosannbyou:20180824151508j:plain

縁起を考えると若干の抵抗はあったけれど、お餅は4個入れた。
1年前に買ったお餅がまだ残っていて、それをいい加減、食べきりたかったからである。
ちなみに、ちゃんと賞味期限内。
そして、1個約80キロカロリーなので、そこまでのボリュームというわけでもない。


スポンサーリンク




お雑煮を食べきる頃、不意に、上唇にピリっと痛みが走った。
舌でぺろっと舐めてみた。
なんだかうすぼんやりとした違和感がやはりある。
どうしたのだろうかと鏡で自分の唇の様子を観察すると、ポツ、ポツと上唇の真ん中あたりに水泡が2つ出来ていた。
うーん・・・これは・・・??

f:id:saredosannbyou:20180824151349p:plain
(姉とのLINEのやり取り)

長期休暇になると、気が抜けて風邪を引くとか、インフルエンザに罹るとかはよく聞く話であるが、私は年始2日目にヘルペスが発症したらしい。なんたること。

まあ、ほっときゃ治るだろうと、それをにきび程度のレベルで捉えていた私に、疲労がたまると可哀そうなことにヘルペスを発症しがちな姉が、
ヘルペスを舐めないほうが良い。痛いし、見た目汚いし、薬を使わない長引く」
と苦言を呈した。

一年の計は元旦にあり(新年二日目だけれど)。
新年早々、ヘルペスが悪化することに恐れおののき、私は近所のドラッグストアへと自転車を走らせた。
が、店員さんに相談したところ、薬剤師は正月の為不在で、ヘルペス用の薬は販売できない、と申し訳なさそうに説明を受けた。
(まじかー・・・)
店を出て、ネットでそこから近いドラックストアを一件検索し、電話をかけてみたが、そもそもそこは常に薬剤師がいない店舗らしく、ヘルペス用の薬は取り扱っていないと言う。
(あー、もう仕方ない!悪化しないことを願う!)
そう腹をくくった。


f:id:saredosannbyou:20180824151512j:plain
夕飯は、ヘルペスに高刺激と思われるセブンのハンバーグカレードリア。


食後、「うがい薬のイソジンヘルペスに効く」とのネット情報を信じて実践してみることにした。
腹をくくっていなかったのである。

ネット情報から察するに、消毒的意味合いが強いのだろうと思うが、効かずとも悪化するということはきっとないだろうと、ティッシュイソジンを浸し、ちょんちょんと患部に乗せたのだった。

f:id:saredosannbyou:20180824151516j:plain


※万一、当記事をご覧頂き、イソジンを試した結果、悪化したとしても責任は持ちません!
(が、私は悪化はしませんでした。2018年8月記述)



にほんブログ村

ブログランキング参加中です!クリックしてランキングアップに御協力お願い致します!


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます