三十路女の酒と肴、時々男

35歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


1年間の体感速度

2018年9月2日(日)

昼過ぎまでS氏と二人で惰眠を貪る。
特段、やりたいこともないままに、だらだらと過ごす内に、15時。
当然ながら朝ごはんも、昼ごはんも、食べていなかった。

スポンサーリンク



鶏貴族にでも行こうかと、家を出た。
と、その前に立ち寄ったのは近所の図書館。
1年前の8月に予約していた芥川賞受賞作の『コンビニ人間』が、ついに満を持して私の番が巡ってきた為だ。

コンビニ人間 (文春文庫)

コンビニ人間 (文春文庫)

10〜20代前半の頃なら、1年待つくらいならきっと購入していただろうなあと思う。
しかし、34歳現在、1年なんてあっと言う間に過ぎてしまうので、悠々と待ててしまう。
手元に置いておきたい作品以外は、図書館で事足りてしまう。

✳︎✳︎✳︎


鶏貴族の入り口を開けると、店内が森閑としており、客の気配がなかった。
少しして店員さんがパタパタと現れて、開店時間は18時からと告げられた。
時刻は17時半過ぎ。フライングしてしまったよだった。
鶏貴族が入っているビル近辺では、他の居酒屋の呼び込みをしている男性が複数人おり、ビルに入った時も、出てきた時も、声をかけられて少し怖かった。

(あ!カモだぞ!)と群がられているあの感じ…。


呼び込みについて行くと、嫌な思いをする可能性が非常に高いと経験から知っているので、そそくさと逃げるが吉。



本屋で時間を潰してから、再入店を果たした鳥貴族にて。


にほんブログ村

ブログランキング参加中です!クリックしてランキングアップに御協力お願い致します!


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます