三十路女の酒と肴、時々男

35歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


初フルマラソン体験談

先週の日曜日、

2019板橋Cityマラソン 【公式】

 に参加してきました。

 

大会の雰囲気については、こちらのサイトがとてもわかりやすいと思うのでおすすめ。

 

itabashi-times.com

 

今回のマラソン大会のことを、折角なので、私なりに振り返って行こうかと思います。

 

スポンサーリンク  

 

 

フルマラソン完走出来るかな

大会の数週間前のある日、ゼッケンや大会特典が自宅のポストに投函されていた。

f:id:saredosannbyou:20190323100750j:image

板橋シティマラソンのロゴが全く入っていないコースターの存在が不思議だった。

 

板橋シティマラソンの制限時間は7時間と比較的緩めで、それもあってか去年の完走率は97%以上とのこと。

 

(それなら私も大丈夫でしょう!)

 

とエントリー時は楽天的に捉えていたのが、本番が近づくにつれ、段々と不安になってくるのが人間というもの。

 

(残り3%にならない自信は?根拠は??)

 

と考え始めてしまった。

 

そう。

私はフルマラソンの距離を練習でも一度も走ったことがなく、月間走行距離を100キロ超えたこともなく、最長走行距離はハーフで、それも経験一回のみ。

どう考えてもフルマラソンを完走出来る根拠には乏しい経験値。

 

フルマラソンの後半が未知の領域という不安を少しでも払拭すべく、

(この人、私と同じくらいの月間走行距離だけど、完走してる!!)

と思える情報をブログやSNSから探す日々が続いたのだった。

 

大会当日

ちなみに、S氏も今回一緒にエントリーしていたので、当日待ち合わせして会場入り。

 

 

f:id:saredosannbyou:20190323102431j:image

人垣でとてもわかりにくいけれど、鈴木奈々ちゃんが撮影で来ていた。

 

 

f:id:saredosannbyou:20190323114333j:image

スタート前、ストレッチ中の景色。

トイレが写り込んでるのはご愛嬌。

 

 

9時に先頭ブロックから順にスタート。

私は完走予想時間を5時間40分くらいにしていた為、最終ブロックで、先頭から15分ほど遅れてスタート地点へ。

 

大会ゲストの板橋区民の杉浦太陽と、元マラソン選手の土佐礼子さんがスタート地点におり、ハイタッチしてもらった。

人生で、杉浦太陽とハイタッチをすることがあろうとは…。辻ちゃんと間接タッチ…。

 

もう一人、綾小路きみまろに似てる人にもハイタッチしてもらった。

あとで、あれは誰だったのだろうと調べたら、板橋区長さんだったらしい。

 

f:id:saredosannbyou:20190323103038p:image

 

区長とハイタッチ…。

人生とは面白いものだ。

 

板橋シティマラソンはずっと川沿いを走り続ける為、景色が単調で退屈しやすいという噂を聞いていた。

気を紛らわす為にも、youtubeで岡村さんのオールナイトニッポンを終始聴きながらのラン。

私は25キロまでは1キロを6分30〜40秒ペース、次の15キロは7分30秒くらい、次の2キロは余力があればラストスパート、という作戦を立てていた。

 

f:id:saredosannbyou:20190323102930j:image

給水所でもたついていた区間もありつつも、20キロまで作戦通り。

 

f:id:saredosannbyou:20190323103618j:image

20〜25キロも、なんとかかんとか踏ん張った。

 

f:id:saredosannbyou:20190323103716j:image

けれど…25キロ超えた辺りで、タイムがみるみる落ち始めてしまった(27〜28キロは、途中トイレに寄った)。

 

 

そして…。

30キロ手前で一歩踏み出した瞬間、

 

ぐじゅ…

 

 

 

水ぶくれ!

 

 

潰れた!

 

 

今!( ;´Д`)

 

 

足裏痛い。

 

太ももも痛くて重い。

 

お尻も疲れた…。

 

走れない〜、これが噂の30キロの壁。

 

f:id:saredosannbyou:20190323103847j:image

 

30キロを超えたあたりで、私同様足が止まった出場者の方は多く、前も後ろも徒歩の長蛇の列がぞろぞろと…。

 

 

ラスト5キロ…。

 

 

ラスト3キロ…。

 

 

ラスト1キロ。

 

 

ラストスパートしてごぼう抜きしたい、と思っても、どうしても足が上がらなかった。

 

そうして、歩き始めて2時間強。

漸く待ち望んだゴールが見えてきた。

 

最後くらいは、走ってゴールしたい。

カクカクした動きで、なんとかかんとか私なりに走り、ゴール!

 

ちなみに、S氏は、私より30分以上速くゴールしていた。

 

「完走したら記念写真撮ろうね」

 

とS氏と事前に話していたのだけれど、私がゴールした15時過ぎ、日がかげりだし、風も強く、汗をかいた状態で10キロ強歩いた体は冷えて、かなり寒く…そして、下半身は痛く…。

 

f:id:saredosannbyou:20190323105006j:image

本当は大会特典タオルをこんな風に掲げて、記念写真を撮りたかったのに、二人ともそんな余力はなく、会場を後にしたのだった。

 

f:id:saredosannbyou:20190323114503j:image

 

 

会場から駅までの移動も、二人とも、足が痛い〜、足が痛い〜と疲労困憊、満身創痍。

 

f:id:saredosannbyou:20190323114530j:image

走行中、潰れた水ぶくれと、

 

f:id:saredosannbyou:20190323114600j:image

走行中、潰れなかった水ぶくれ。

 

 

20時台に就寝。

 

 

板橋シティマラソンまでを時系列で

 

・2018年4月  

それまで通っていたボクササイズ的なジムを辞めて、近所の体育館に週1強で通い始める。

中学生のときの、マラソン大会3キロが自分史最長の走行距離なのに対し、トレッドミルの一回利用30分制限時間いっぱい、距離にして5キロ弱を案外走れる自分に感動する。

 

・2018年7月

夏の賞与でランニングウォッチガーミンを購入。ガーミンにしたのは、会社のフルマラソン経験者の方やツイッターのフォロワーさんのアドバイスによる。

 

・2018年10月

近所の某マラソン大会10キロの部に出場。

秋なのに気温30度超えの炎天下の日にぶつかり、暑さでフラフラ。5キロ付近からほぼ歩き、約一時間半もかけて完走。

 

・2018年11月

板橋シティマラソンにエントリー。

 

・2018年12月

近所の某マラソン大会10キロの部に出場。

最後まで歩くことなく約一時間で完走。

 

・2019年3月

板橋シティマラソン出場。

30キロ手前で大失速。ラスト15キロはほぼ歩きで、6時間弱で完走。

約3日間、筋肉痛。

足裏は6日経ってもまだ少し痛い。

 

 

フルマラソンに出てみての感想

価値観が変わるとかなんとか、そういうことはなかった。

と言うのは、マラソンで私の価値観が変わったタイミングは今回のフルマラソン完走の時ではなく、去年の4月、体育館で、5キロ弱走れたあの瞬間だったから。

 

案外、私、やればできるぞ、と。

 

 

それまで、自分は運動は出来ない、と思い込んでいた呪いが解けて、視野が広がったのは、その5キロの時。

たかが5キロ。されど5キロ。

たかが一歩。されど一歩。

 

 

また、フルマラソンには挑戦したいなあと思っているけれど、どの大会に出るかは未定。

次は30キロ以降も走り続けて、5時間以内目標で。

 

仕事以外のことに、目標を持って取り組む、こういうのをライフワークというのでしょうが、その存在は、生活に彩りを加えてくれているのを強く感じている今日この頃です。

 

 

ブログランキング参加中です。

バナーをクリックしてランキング状況を確認頂けると更新の励みになります!m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます