三十路女の酒と肴、時々男

35歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


疲労、マッサージ、プロ野球開幕

疲れのたまり具合が酷い一週間だった。
今年度の最終平日の今日、銀行の、しかも、窓口に行かねばならないのはそれ相応の混雑が予想されるし気が進まなかったものの、どうしても今日対応しなくてはいけない件だったのだから仕方なかった。



スポンサーリンク


とは言え、約30分待って窓口対応が終わり、ホッと一息したのも束の間、私の認識不足が原因の想定外なことが発覚し、もう一度並び直しての窓口対応(事情を説明し、早めの対応はしてもらえたが)、そして、一旦会社に戻った後、再度銀行に出向き窓口対応。
最初に銀行に出向く時に、ホワイドボードに
[10時戻り予定]
と書いたのに、帰社したのは、11時少し前、そして、また銀行に行って戻ってで、その該当業務が落ち着いたのが11時半過ぎ。
午前中いっぱい、それに時間を取られてしまったという精神的ショックも少なからず影響したのかもしれないけれど、それを、加味しても相当な疲労感で、自席についてしばらくぐったりしている自分がいた。

***

今年度最終の終業時刻を迎えた。
前々記事でも触れた昇進の件、部門長から前振りがないかな、ないかなと期待したものの声をかけられることは残念ながらなかった。

(私、帰っちゃいますけどいいですかー?いいですねー?)

後ろ髪を引かれる思いで退勤し、予約していたマッサージへ。
トータル90分コース。
自分でも気付かなかったのだけれど終盤は眠ってしまったようで、あっという間に終わってしまった。
少し強めに揉んでもらったのが良かったのか、体が軽くなった感。

帰るタイミングがかぶったので、S氏と居酒屋飯。
プロ野球が開幕したので、アプリで日ハム戦の進捗を見守る。
店の隣の隣のテーブルに座っている男女混合グループから
「西川」
とか
「中田」
といった名前が聞こえてきて、どうやら、彼らもアプリか何かで日ハムを応援しているらしかった。

試合は延長の末、二者連続申告敬遠のあと、中田がサヨナラ満塁ホームランで日ハム勝利。


アプリでも、体がぼっと熱くなる興奮。

隣の隣の彼らも、わー!だの、うぉー!だのと賑やかにしていた。

彼らが対戦相手のオリックスファンじゃなくて良かったなあと思う。





にほんブログ村

ブログランキング参加中です!クリックしてランキングアップに御協力お願い致します!


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます