三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


広告系企業面接



先週、渋谷駅にある中小企業(広告系)の一次面接を受けてきました。
(ちなみに、先日受けた出版社は予想通り落ちてました!)

さて、今回の企業。
まず、規模的に15名弱の少数精鋭の企業なのですが、
私がこれまで最長で勤めた企業も社員10名以下の小さいアットホームなところだったりしたので、
求人を見て親近感を覚えた、というのが応募の一つの理由。


場所的には…渋谷って好きじゃないんですよね。
若い人が多いし、ゴミゴミしてるし。
そして、ブラック的なことが多くあり、入社4週目にして辞めた会社がある駅でもあり、なるべく避けたいところではあったのですが、苦手なハチ公口方面ではないということもあり…まあ、我慢できるかなと。
距離は駅から徒歩15分、少し遠目だけれど、坂はないしOK。
(前の会社は道玄坂の上の方にあって行き帰りが嫌だった)


会社の周辺、飲食店はあまりない(ファミレス、コンビニはあるけれど)。
会社の中…ふむ、オシャレ!
対応してくれた女の子、若い。20代前半かな。服装はオフィスが付かない、カジュアル。

一次面接担当者は直属の上役になるであろう40歳前後の男性。
彼もカジュアル。
話し方、話す内容、私が過去関わった上司でとても尊敬している方に雰囲気が似ていて好感度大。
賢そうな方。

てか、面接前日に、マニュアルトーク(自己紹介とか自己PRとか)の練習を積んで来たのですが、
それ、ほとんど役に立ちませんでした。

即戦力を求めているようで、これまで実務で使ってきたソフトや処理数、
こういう対応はできるか、できないか、こういう条件だが大丈夫か、大丈夫じゃないか、
そういうYES、NOで答えられる、単語一言で答えられるような質問が多かったです。

私はこれまで管理部門の経理系の仕事に携わってきたものの、会計ソフトの使用経験が
ないのですよね(一社目はあったかもしれないけれど、記憶が曖昧)。

それもあり、手ごたえは悪くはなかったけれど、その会計ソフト使用経験を重視されたらダメかなあ、、、、
と。

選考結果は遅くても1週間以内、とのことだったのですが、
翌日転職サイトをチェックしたら、面接終了してから1.5時間後にもう連絡が来ており、
「一次面接通過」
とのこと。
ほうほう。
次回が2次(最終)面接。


で、贅沢な話、実際受かるかも、と思うとマリッジブルー的な気持ちにもなってくるのですよねー。
この会社で本当にいいのかな、的な。

気がかり①年棒。
300万〜360万と求人に載っているのですが、
後半ならまあ良いとして、前半だと正直悩んでしまう。
最終面接のときにその辺の話は必ず出るはずなので、350万以上を希望提示するつもりなのですが、
330万以下だと…貯金出来ないΣ(゚Д゚)

気がかり②キャリアアップは無理そう
スキルアップ、仕事の幅の拡大で出来るだろうけれど、
多分お手伝い的なポジショニング。

転職理由がスキルアップ、キャリアアップだったのに、その一つを捨てるのか…という疑問も自分自身に。
ただ、この約半年、派遣含めて数社経験して、自分がどういう規模の会社だったり、雰囲気の中で働くのが
ストレス少なく働けるのか、ということを改めて見つめなおして小規模のアットホームな会社、という答えを導き出したのもあるのですよね。
それを重視すると必ずしもじゃないにしても、結果キャリアアップを捨てることにも成り得てしまったり。
どっちかを優先するとどっちかを捨てきゃいけなかったり…。


取敢えず、この会社の選考を落ちた時のためや年棒は330万以下提示があったときのため、
また新しい求人をチェック、チェックですわ。


にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます