三十路女の酒と肴、時々男

33歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


出版社一次面接を受けてきました

さて、某企業の一次面接を受けにW駅へ。
約束時間の約一時間前に最寄り駅に到着。
企業の場所を確認してから近くのタリーズで時間を潰しつつ面接対策。


・乗り換え一回、通勤時間約50分
・会社周りはコンビニ多め
・街的には閑静な感じ。帰りに新宿に寄り易い立地


通勤経路、時間、街の場所、全て合格。
入っているビルの外観も中々綺麗。

約束時間3分前にその企業が入っている階へエレベーターで移動。
降りると、「面接試験の方はこちらへ」という貼紙発見。

むむ、これまでの人生で転職の面接を何社か受けてきたが、中々親切…きちんとしている、という感想。

そして、企業の入口の内線電話で面接に来た旨を伝えると、恐らく私より年下であろう女の子(対応きちんとしている。服装オフィスカジュアル)
に待合室?に通され、「準備が出来たらお呼びします」とのこと。
取敢えず、立って待機。

その数分後、その待合室の奥の部屋からリクルートスーツを着た女性が出てきたので、

ん?応募した人をある程度まとめて面接してる?

その後、その女性が出てきた個室へ「どうぞ」と最初に対応してくれた女の子が再び現れ案内される。

入室前に、ドアの小窓から中をそっと覗くと、面接官が三人席に着いている!!!!

新卒の時の面接みたい!予想と違う!!
と若干腰が引けたが、挨拶して入室。
面接官は女性二名、男性一名。
真ん中に座っていた女性が経理部の部長さんと思われる。両サイドは不明。
男性の方が司会進行といった感じで、質問は基本部長さんが中心にされていました。


☆面接での質問内容まとめ

①まず、2〜3分で自己紹介をお願いします。
②1社目、2社目の退職理由。
③自己PR
④これまで仕事で失敗したこと
⑤経理関連の仕事で成し遂げたこと
⑥経理という仕事で大切だと考えていること
⑦その企業に勤めた場合、どのように活躍したいか
⑧今後上に立って働きたいか
⑨自分のことを素直だと思うか
⑩自分の短所
⑪コミュニケーション能力を重視しているが、それに自信はあるか。

等々。30分弱の面接
自分的には⑤と⑦の質問に対する受け答えが甘かったと反省。
経理の専門用語を使って説明すべきだったかなと…抽象的な説明になってしまい、突っ込まれてしまった。
即戦力!という意味では自分の実務経験的に甘いんだよなあ…。

面接終了後、次の時間の面接を受けると思われる男性とすれ違いました。


うむむむむ…他の人達よりも自分が優れている自信がない!


電車に乗っている間思ったけれども、
新卒はポテンシャル採用、それ以降は大体、即戦力採用。

さくらももこ的に言うなら、「死んだ子の年数えても仕方ない」
結果はわからないけども、取り敢えず、また良い求人を探さねば〜。



にほんブログ村


広告




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます