三十路女の酒と肴、時々男

36歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


けむに巻かれる

所属部署、コロナ感染予防対応の為の時差出勤は、7月も継続するらしい。

7時出社の早番は、明るいうちに退勤出来、その後の時間を有効活用出来る気がして(実際には、直帰してステイホーム後、早寝するだけだったりはする)、個人的には歓迎しているけれど、遅番はどうにも苦手だ。

早番と遅番で、3時間半の時差がある。

早番→通常→遅番、と週毎のローテーションとは言え、体内時計の針が、あっち行ったり、こっち行ったりで落ち着かないのだ。

 

-------------------------------------

金曜日に同僚が休みだったときに、他部署から相談があった案件を彼女の代わりに一次対応した。

一応、上席に内容を報告した上で、対応の方向性を決めて、他部署に回答。

今週、彼女は早番、私は遅番ということもあり、メールでその件を連絡しておいた。

こーゆー連絡があり、こーいう方向になりました。不明点やその他連絡事項があれば、他部署の〇〇さんに連絡してください、という内容だ。

 

彼女は引き継ぎメールに返信をよこさないことが多いが、上司でもない私から注意すると、何かしら言い返してくるので、気分は良くないけれど、スルーしていた。

 

でも、今日については、私が出社すると、珍しく返信が来ていたので、クリックすると、

 

 

「メールありがとうございます。

〇〇等、私も確認したいことがあるので、口頭で言ってもらえると嬉しいです!

宜しくお願いします」

 

 

??????

 

 

何度か読み返したけれど、文の意味を理解できなかった。

なので、

「〇〇さん、〜の案件ってどうゆうことかな?」

と、返信の意図を探ろうと質問したところ、

「あの件は、これこれこーすることになりました」

という返事が返ってきた。

 

そーいうことを聞いてるんじゃないんだが…。

 

「メールとご対応ありがとうございました!

この後は私の方で対応します!」

 

でよくないかなー、返信。

疲れるぅ。

 

 


スポンサーリンク
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます