三十路女の酒と肴、時々男

36歳、独身、東京都民、一人暮らしの会社員(♀)。なんでもない日々の記録。


36歳にして実感

スポンサーリンク




ホルモンバランスなのか、コロナ感染予防対策の時差出勤が気付けば半年経過したことによる疲労蓄積なのか、今週は脳の芯がぎゅーっともやもやと…イライラとする。



朝8時台ほ会社の最寄駅のホーム、出口に続く階段。
それが眼前に広がると、あれ?なんかデジャブ…もう24時間経ったの?と、時間経過の速さに慄く。
にも拘らず、始業から終業時間までは、それなりに仕事を抱えていても、時計はちんたらちんたら進む。

結論、8時間って働き過ぎ。


仕事量や責任は自分的に増えてるのに、わかりやすい対価がないのも、疲弊感の原因でもあるのかな。

f:id:saredosannbyou:20200827200636j:plain

帰りは松のやでカツ丼。
疲れていたので、コロナ禍で敬遠しがちであるイートインをした。ふう。


話変わって、

横道世之介 [DVD]

横道世之介 [DVD]

  • 発売日: 2013/08/07
  • メディア: DVD



週末にGYAOで見た横道世之介、良かった。



青春映画、10年前までは、自己を投影して見ていたけど、今はただただ眩しく…


若者たちを応援する気持ち、自分はもう戻れないのだという羨望、懐かしさ、後悔、などなどで、胸がぎゅうぎゅう苦しくなる。


36歳で今更何言ってんだ、と若者には思われるでしょうが、あー、私はもう青春期ではないんだなあ、青春は過去の話なんだなあ、と実感したわけですよ。

はあ。


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 ↑ ランキング参加中!こちらから順位確認出来ます